日経メディカルのロゴ画像

躍動するトロント小児病院――その力の源泉は?

2010/05/05
堀越裕歩

 私の働いているトロント小児病院は、世界的に有名な小児病院の一つです。北米にある他の小児病院と比べても、国際性が際立っていることが大きな特色で、臨床フェローの約半分を外国人が占めています。言葉の壁や外国人医師受け入れ体制の違いなどがあるとはいえ、日本では考えられないことです。

競争と選抜から生まれる多様性
 外国の医学部を卒業したフェローの場合、卒後5~10年目くらいの医師がほとんどです。

 もちろん誰かれ構わず採用されるわけではなく、まずは科の選考があり、その後に病院全体としての選考が待っています(2段階選抜)。科によっては、毎週のように応募者から履歴書が送られてきます。私の所属する小児感染症科でも、採用の時期になると多くの志望者が世界中から面接に訪れますが、残念ながら、採用されるのはその中の1~2人だけです。そして、各科がフェローの採用希望を病院に提出し、科の間で採用枠の配分が行なわれるのです。各科のプログラムディレクターは、自分の科で採用をしたいフェローを病院に推薦して、有給枠を勝ち取ろうとします。

 こうした応募者間の競争とシビアな選抜が、病院の国際性と人材の質を担保しているのだと言えるでしょう。実際、ここ数年の間に私の同僚となった感染症科フェローの出身国を見ても、イギリス、アイルランド、スイス、ペルー、サウジアラビア、オマーン、マレーシア、シンガポール、タイ、パキスタンなど、とても国際色豊かです。そのため職場では、いろいろなアクセントの英語が飛び交っています。

 とはいえ、昨今の経済事情により、大口の寄付金が減って(後述するように、カナダの病院にとって、寄付金は大きな収入源なのです)、人件費が削減対象になっているため、特に有給の外国人枠は減らされています。医師の世界にも、不景気の波が押し寄せているのです。

著者プロフィール

堀越 裕歩

トロント小児病院 小児科感染症部門・クリニカルフェロー

2001年昭和大学医学部卒業。沖縄県立中部病院(インターン、小児科レジデント)、カンボジアの小児病院で医療ボランティア、国立成育医療センターの総合診療部等を経て、2008年7月より現職。東南アジアにおける小児国際医療協力・研究、新潟県中越地震の際の緊急支援などに従事。趣味は、スノーボード、野球とサッカー観戦。トロントでもフットサルで活躍中。

この記事を読んでいる人におすすめ