日経メディカルのロゴ画像

若手外科医が活躍できる科とは?
新デバイスが次々と登場する血管外科から

2013/01/04
山之内大

ウィスコンシン大学血管外科のスタッフ外科医一同(2010年、血管外科内のホリデーパーティー会場にて)。ちなみに、Department Chairmanを兼任しているボスは多忙のため、このときは不在。全員が一堂に会する機会はなかなかなく、8人中7人でもそろうのはまれ。

 「血管外科って、何をする科?」

 私が血管外科医だと伝えたとき、日本ではよくある反応です。まあ、そう来ることはだいたい分かっているので、「心臓、頭蓋内以外の脈管を扱う専門科で、頸動脈狭窄、大動脈瘤、末梢動脈疾患、静脈瘤、深部静脈血栓症などが主な対象疾患です」という答えもあらかじめ準備しています。

 すると、「心臓じゃないのか。あまりメジャーじゃないんだな」というような顔をされるか、「ああ、うちのお母さんの足に静脈が浮き出ているけれど、そういうやつ?」と返される。だから、その前に「足の静脈とかが浮き出ている病気なんかを治す科」とはじめから説明してしまう…。血管外科医のよくある日常です。

 日本では血管外科の認知度がいまだ低く、東京や名古屋などの一部の大学を除けば、ほとんどの血管外科は心臓血管外科の一部門として診療しているのが現状だと思います。

 ところがアメリカでは、血管外科は非常に注目を集めるホットな診療科。その一例として、ここ数年はなんと血管外科のレジデントプログラムが全診療科の中で最も競争率の高い専門科の一つになっているのです。いったい、何でそんなことになっているのでしょうか?

成熟した診療科では若手の活躍が難しい
 2007年、私はコーネル大学の血管外科教室にリサーチフェローとして留学しました。縁あって現在のウィスコンシン大学に移り、運良くフェローとして臨床業務に携わりました。その後、上司や同僚に恵まれ、現在のポジションを得ることができました。

 私がウィスコンシン大学に移り、フェローシップへ入る道を探っていた2009年時点で、全米の血管外科フェローシップのプログラムに日本人は1人もいないという状況でした。そもそも、アメリカで血管外科のフェローシップに入ろうとする日本人がほとんどいなかったのかもしれません。

 自分でいくつかのプログラムを探してみた結果、「すでに正規のフェローで充足しているため、海外でトレーニングした外科医を採用するつもりはない」という散々な返答が戻ってくることがほとんどでした。それほどまでに、アメリカでは血管外科の人気が高かったということのようです。

 なぜ、様々な外科専門領域の中でも血管外科の人気が高かったのでしょうか? 「比較的給料が高い」とか「手術の難易度が高くて面白い」とか、理由を探せばいろいろあるのでしょう。ただ、私が思うのは、「血管外科がいまだ大きな変革期にある」という事情が大きいのではないかということです。

 「なぜ、変革期にあることが人気に結びつくのか?」。この疑問への答えは、私が運良く現在のポジションを得られたことと少なからず関係があると思っています。

 ほとんどの専門領域、特に外科の世界では、経験がとても大切だと考えられています。仮に、多くの知識があり、手先が器用で手術のセンスに優れた若い外科医がいたとしても、より多くの症例を経験して手術をこなしてきたベテラン外科医を凌駕するのは非常に困難です。

 経験が重要なら、若いうちに多くの手術を経験できるよう努力すればいいのではないかと思われるかもしれません。しかし、現実には(一部の例外を除けば)、多くの症例を経験するには多くの症例を集める外科グループに所属する必要があり、その中ではすでに年功による序列が形成されています。若手が先輩を飛び越して大きくキャリアアップするというのは、よほど運が良くない限り、非常に難しいという構造が出来上がっているのです。

ベテラン外科医の技術と経験に若手が対抗できる事情
 その点、血管外科はどうでしょうか? 血管外科も外科の一領域である以上、「経験がものをいう」のは同じだと思います。アメリカの制度では、血管外科の専門トレーニングは2年間であり、その短期間に集中して多くの技術を習得することが要求されます(2年間で約1200例をこなすのが平均的)。とはいえ、手術の経験数で言えば、フェローを卒業したての外科医では経験豊かなベテラン外科医に対抗すべくもありません。それでも、アメリカの血管外科では若手に大きな伸びしろが残されているのです。

著者プロフィール

山之内 大

ウィスコンシン大学血管外科アシスタント・プロフェッサー

2000年、群馬大学卒業。03年より名古屋大学医学部附属病院血管外科で研修。07年4月に渡米。コーネル大学血管外科リサーチフェローを経て、09年10月よりウィスコンシン大学で血管外科臨床フェローとして勤務。10年7月より現職。臨床業務に加え、大動脈瘤など血管疾患の基礎研究を行っている。高校・大学とハンドボール部に在籍し、卒業後は大学OBで結成したクラブチームにも所属する。趣味は、バイク、旅行、映画、子育てなど。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ