日経メディカルのロゴ画像

若手外科医が活躍できる科とは?
新デバイスが次々と登場する血管外科から

2013/01/04
山之内大
若手外科医が活躍できる科とは?の画像

 日本では血管外科の認知度がいまだ低く、東京や名古屋などの一部の大学を除けば、ほとんどの血管外科は心臓血管外科の一部門として診療しているのが現状だと思います。ところがアメリカでは、血管外科は非常に注目を集めるホットな診療科。その一例として、ここ数年はなんと血管外科のレジデントプログラムが全診療科の中で最も競争率の高い専門科の一つになっているのです。いったい、何でそんなことになっているのでしょうか?

著者プロフィール

山之内 大

ウィスコンシン大学血管外科アシスタント・プロフェッサー

2000年、群馬大学卒業。03年より名古屋大学医学部附属病院血管外科で研修。07年4月に渡米。コーネル大学血管外科リサーチフェローを経て、09年10月よりウィスコンシン大学で血管外科臨床フェローとして勤務。10年7月より現職。臨床業務に加え、大動脈瘤など血管疾患の基礎研究を行っている。高校・大学とハンドボール部に在籍し、卒業後は大学OBで結成したクラブチームにも所属する。趣味は、バイク、旅行、映画、子育てなど。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ