日経メディカルのロゴ画像

医療ミスの防ぎ方を他業界に学ぶ
あなたの“コミュニケーション”、ちゃんと伝わっていますか?

2012/08/29
渡瀬剛人

2階建て超大型旅客機エアバスA380。写真:Free Photo Bank

 7200億円。2006年、エアバス社が目玉製品の2階建て超大型旅客機A380の製造・納入を遅延させたことで負った推計損失額(補償金)はこれほどに上りました[1]。異なる国の工場で分業して機体を製造していたものの、各工場で使用するソフトウェアのバージョンが統一されていなかったため、いざ飛行機を組み立てる段階でうまくドッキングできなかったというのが遅延の理由です。その結果、1機当たり530kmのケーブル、10万本の導線、4万個の接続端末と格闘する日々が始まったのでした。「工場間のコミュニケーションをもっと円滑にしておけば…」と、エアバス社は悔やんでも悔やみきれなかったことでしょう[1、2]。

「相手がどう受け取ったか」が大事
 さて皆さん、医療の世界におけるミスの原因、第1位は何かご存知ですか? 知識欠如? 技術不足? 疲労? 機器の故障? どれもミスの原因としては間違いありませんが、最も悪名高く第1位とされるのはコミュニケーションの問題です[3]。

 まず肝に銘じておくべきは「コミュニケーションの成否は『伝えた程度』ではなく『伝わった程度』に依存する」という点。「とりあえず話したのだから相手は理解しただろう」というのは、まったくの勘違いです。皆さんにも経験ありませんか? 膨大な量の情報を押し付けようとして話し続ける人の講演や授業を聞き、頭がいっぱいになったことが…。

 医療の世界では多くの情報が取り扱われ、何が重要なのかはっきりしないこともしばしばあります。その中から意味のある情報をつかみ出し、それを解釈して申し送る(コミュニケーションする)ことは、一朝一夕でできる技ではありません。ただ、比較的簡単にコミュニケーション・ミスを防止するためのツールはいろいろと工夫されているので、以下にご紹介します。必要な情報を過不足なく正確に伝える力は、申し送りの際だけでなく、他科へコンサルトする際にも役立ちます。

声に出して復唱!―closed loop communication
医 師「アナフィラキシーショックだ。エピ。エピ1mg静注!」
研修医「はい、分かりました」(あれ? アナフィラキシーのときは投与法が違ったような気がするけれど、言われた通りに投与しよう)
 エピネフリン1mg静注後、患者が急変
医 師「何で良くならないんだ? ちゃんとエピ0.3mg筋注したんだろうな?」
研修医「えっ? 1mg静注じゃなかったんですか?」

 このようなやりとりは、どの医療現場で起こってもおかしくありません。では、どうしたらこのような投薬ミスを防ぐことができたのでしょうか?

 軍隊や救急隊などで使われる会話方式にclosed loop communicationというものがあります。大層な名前が付いていますが、要は「相手が言ってきたことをそのまま繰り返し、相手に確認しましょうね」というだけのことです。上記の例では、研修医が「1mg静注ですか?」と聞き直していたら、ミスを防げた可能性が十分にあります。

 実は、このコミュニケーションは皆さんも身近で経験しているはずです。レストランで注文する際、お店の人が注文内容を繰り返してくれるアレです。レストランではclosed loop communicationができているのに、医療現場には浸透しないのはなぜでしょうか? 人種のるつぼであるアメリカでは、何もかも言語化することが当たり前になっているのに対して、日本では「あうんの呼吸」という文化が根付いており、「あえて言葉に出す必要はないだろう」という考えがまかり通っていることも、浸透しない要因の一つだと感じます。

 こうしたことは、「復唱は恥」ととらえる気質にもつながっているのかもしれません。しかし、医療現場で優先すべきは言うまでもなく、社会のしきたりよりも患者の安全です。closed loop communicationは、特にミスの許されない患者急変時などで威力を発揮するはずです。

集中すべきときは緊急性のない用事を排除する―sterile cockpit rule
 航空業界にも、一般的に用いられるコミュニケーション・ルールがあります。飛行機が最も事故を起こしやすい“魔の時間”とされるのは離陸時と着陸時です。最も典型的な例として挙げられるのは、1974年にノースカロライナ州で起こった墜落事故で、78人の搭乗者のうち71人が死亡しました。このときは着陸時でしたが、国家運輸安全委員会によって、パイロットと客室乗務員が操縦業務と無関係の話をしていたことが原因とみなされました。これを受けて、「離陸および着陸の際(高度約3000m以下の空域を飛行する間)、客室乗務員からコックピットへの連絡を原則として禁止する」というルールが1981年に作られました。sterile cockpit ruleと呼ばれています。

著者プロフィール

渡瀬 剛人

ワシントン大学救急医学領域ハーバービュー・メディカルセンターAttending Physician

父親の仕事の都合でニューヨークに生まれ、以後はヨーロッパを転々。2003年名古屋大卒業時には、下手だった日本語もそれなりに上達。愛知県内の病院を経て、07年にOregon Health and Science University(OHSU)の救急レジデントとして渡米し、レジデンシーとadministrative fellowshipを修了(MBAは13年夏修了予定)。12年よりUniversity of Washingtonの救急スタッフとなり、ERの質管理や効率化にかかわる。若手救急医グループ(EMAlliance)を通じ、将来は日本の救急医療に貢献したいと考えている。ボルダリング、スキー、家庭菜園、熱帯魚、自ビール作り、赤ん坊と戯れるなど、オフは多忙。

この記事を読んでいる人におすすめ