日経メディカルのロゴ画像

専門を選ぶときの4つの要素
なぜ、成績の良い学生はスペシャリストを目指すのか?(後編)
(2011.2.11、2011.2.17訂正)

2011/02/07
高橋孝志
なぜ、成績の良い学生はスペシャリストを目指すのか?(後編)の画像

 当然のことですが、メディカルスクールで成績のよい学生が優れた医師になれるわけではありません。しかし、成績不振の学生よりも優れた医師になる確率が高いことも事実でしょう。本来なら、学校でよい成績を収めた学生が、多くの患者に必要とされているプライマリケアの分野の医師になれば理想的なのですが、実際には成績のよい学生ほど、ある程度限られた患者を診るスペシャリストの道を選ぶ傾向にあるのが現実です。では、なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

著者プロフィール

高橋 孝志

ミネソタ大学放射線科研修医

ワシントン州ワシントン大学で電気工学科学士および修士を取得。2008年にウィスコンシン医科大学を卒業後、ミネソタ州Hennepin County MedicalCenterにて、スーパーローテーション方式である Transitional Yearインターンとして勤務。2009年7月より現職。

この記事を読んでいる人におすすめ