日経メディカルのロゴ画像

オーストラリアGPからの挑戦状(5)解答編
妊娠、中絶、妊娠、流産を経験した15歳の少女は…

2014/02/10
小林孝子

 今回は第1回目の「挑戦状」で紹介したソマリア人の少女(15歳)、エイミー(仮名)が再び登場します。避妊が必要だと言われていたにもかかわらず、再び妊娠して今度は流産してしまったエイミー。さすがに懲りて、インプラノンを使い始めて2カ月、今度は「インプラノンを取ってほしい」とクリニックにやって来ました。

著者プロフィール

小林 孝子

ビーンリー・ロード・メディカルセンターGPフェロー

1986年愛知医科大学卒業。2年の研修を経て同大第一内科に入局し、腎臓内科・透析を主に担当。92〜93年、Australia Sydney St.Vincent Hospital Garvan Institute Medical Resarch Bone & Mineral Divisionにて骨代謝の研究に従事。日本で博士号取得後の1995年、結婚のためオーストラリアへ移住。2回の妊娠・出産を経て子育てをしながらも、ゼロの状態から当地の医師免許を獲得するため勉強に励む。2002〜05年にかけてインターンおよびレジデントとして勤務する中、04年にAMC(オーストラリアの医師免許審査試験)を突破。06〜08年にかけてオーストラリアGP学会のTraining ProgramおよびGP Fellowship Examに合格。現在はブリスベンにてGP(general practitioner)として地域医療に携わる。趣味は仕事。「自分の診断が正しかったときは、本当にうれしい」

この記事を読んでいる人におすすめ