日経メディカルのロゴ画像

「ビビッときた」から、GPを目指しました

2012/08/21
小林孝子

筆者の勤務するクリニック周囲の様子。右のグレーの建物がクリニック。

 皆さん、はじめまして。小林孝子です。オーストラリアへ渡って、夢だったGPgeneral practitioner)となり、ブリスベンで働くこと丸6年。あっという間に過ぎてしまいました。

誰でもすぐに打ち解ける不思議な言葉、“G’ Day,Mate!”
 連載タイトルに入れた“G’ Day,Mate!”を「ジー・デイ、メイト!」と読んだ人は多いと思います。これは「グッデイ、マイ!」と読み、「ハロー」の意味です。“Mate”は“sir/madam”の砕けた言葉で、親しみを込めた言い方です。

 オーストラリアの人々は、何かにつけて表現の最後に“Mate”を付けます。例えば、“G’ Day,How wa ya?”“Good thanks Mate,How is going Mate?”といった感じで。このように言葉をかけられると、初めて会った人でもグンと親しみがわいて、すぐに打ち解けてしまいます。ちなみに、心肺蘇生を行うときも、日本では「もしもし、聞こえますか?」と患者さんに呼びかけるところ、こちらでは“G’Day mate!Can you hear me?”と言います。

 オーストラリアの都市の中で、シドニーやメルボルンは日本でもよく知られています。ブリスベンはそれほどではないかもしれませんが、200万の人口を有するオーストラリア第3の都市で、クイーンズランド州の州都です。クイーンズランドと言えば、ゴールドコースト、ケアンズ、グレートバリアリーフなどが有名。“Sunshine State”とも呼ばれるように気候は年中通して暖かくカラッとしていて、リタイアした老夫婦が老後をこの地で過ごそうと他州から移り住んできます。

 この連載では、私の拙い“つぶやき”が読者の皆様の心に少しでも残ってくれることを祈りながら、よしなしごとを綴っていきたいと思います。もし、何か私に聞きたいことがある読者の方があれば、コメント欄にいつでも質問を書き込んでください。

dazzleな経験、してますか?
 『21』(邦題『ラスベガスをぶっつぶせ』)という映画をご覧になったことがありますか? すごく頭の良い主人公がハーバード大学医学部に入るための奨学金を申請するため教授と面接するシーンがありましたが、その教授は「君にはdazzle(まぶしくてくらくらするほど輝かしい)な経験がないから」と言って断ったのでした。読者の皆様、特に若い方々、dazzleな経験をしていますか? 夢を見つけ、それに向かって突き進んでいますか?

 私はと言えば、今に至るまでに2回、dazzleな経験をしてきました。どちらも何度も何度もチャレンジして、高く厚い壁を突破した!夢に到達した!という瞬間です。1度目は、オーストラリアの医師国家試験であるAMCAustralia Medical Council)の試験に合格したとき。2度目は、GP fellowship(オーストラリアのフェローは日本の専門医に相当)の試験に合格したとき。何かを成し遂げた瞬間って、本当に貴重な体験ですよね。まして相当なストレスの中で努力し続けた結果ともなれば、喜びもひとしおです。日本の医師国試や専門医試験に合格したときよりも、私にとっては“dazzle”でした。

 この前、インターネットのQ&Aサイトで、「オーストラリアでドクターになるにはどうしたらいいですか?」という質問を目にしましたが、それに対する回答は「ILTSInternational English Language Testing System)で8以上を取り、AMCに合格すること」と素っ気ないもの。確かに文字にすればたったこれだけのことなのですが、その夢をかなえるため、今日もオーストラリアで頑張っている日本人医師たちがいます。

1995年、34歳で夢へのスタートラインに立つ
 GPはプライマリケアを担う一般開業医として、ありとあらゆる症例を診ることになります。新生児から終末期患者まで幅広く、見逃しのないように診断を付け、治療していきます。

 例えば、わが家のfamily GPはバッケン先生といいます。旦那さんの古くからのGPで、今は家族となった私も娘たちも、具合が悪くなったらまずは彼のクリニックを訪ねます。旦那さんは特にお世話になっていて、喉に刺さった鯛の骨を抜いてもらったり、動けないほどひどい腹痛を痛み止めの注射で静めてもらったり、降圧薬と痛風の薬を処方してもらったり…。この間などは、ちょっと怪しい背中のほくろも除去してもらいました。

著者プロフィール

小林 孝子

ビーンリー・ロード・メディカルセンターGPフェロー

1986年愛知医科大学卒業。2年の研修を経て同大第一内科に入局し、腎臓内科・透析を主に担当。92〜93年、Australia Sydney St.Vincent Hospital Garvan Institute Medical Resarch Bone & Mineral Divisionにて骨代謝の研究に従事。日本で博士号取得後の1995年、結婚のためオーストラリアへ移住。2回の妊娠・出産を経て子育てをしながらも、ゼロの状態から当地の医師免許を獲得するため勉強に励む。2002〜05年にかけてインターンおよびレジデントとして勤務する中、04年にAMC(オーストラリアの医師免許審査試験)を突破。06〜08年にかけてオーストラリアGP学会のTraining ProgramおよびGP Fellowship Examに合格。現在はブリスベンにてGP(general practitioner)として地域医療に携わる。趣味は仕事。「自分の診断が正しかったときは、本当にうれしい」

この記事を読んでいる人におすすめ