日経メディカルのロゴ画像

“臨終の作法” in USA

2012/09/29
河合達郎

 「ご臨終です」。日本にいるときは当たり前のように、患者の死に際してこう宣告してきました。ところが、アメリカで患者の死に直面するようになると、「はて、死亡宣告は英語でどう言うのか?」「そもそも、臨終の作法はどうあるべきか?」など、最初は戸惑うことばかりでした。

 アメリカ人、さらにはヨーロッパ出身の同僚などに聞いて回っても、「臨終」という言葉に相当する表現は欧米にはないとのこと。さすがに“He died”とか“He is deceased”というのは直接的すぎて使われず、普通は“He passed away”とか“His heart stopped” と言うのが一般的なようです。

「ご臨終」は日本独特?
 考えてみれば、「臨終」という言葉には特別な意味合いがあるように思えます。単に死を第三者的に扱うのではなく、“終わりに臨む”と、死を主体的にとらえているところに何か救われる思いがします。いったい日本ではいつの頃から、人の死の宣告に「臨終」という言葉を使うようになったのでしょうか。源信が著した『往生要集』の中に、臨終の行儀を説く章があるということですから、平安時代の頃には使っていたのかもしれません。

 それでは、「臨終」の語源があると思われる中国ではどうでしょう。意外なことに、中国では人の死に際して欧米と同じように「死亡」または「去世」を使い、「臨終」という言葉を死亡宣告としては使うことはないようです。中国において「臨終」は、「まだ生きているが、死が差し迫っている状態」とされており、日本でいう「危篤」に近い表現だと思われます 。

 確かに、「臨終」という言葉では、いったい(生命が)終わったのか、終わっていないのかがはっきりしません。(良かれ悪しかれ)何でも曖昧にすることの得意な、いかにも日本人的な表現と言えるかもしれません。

 ところが、面白いことに、お隣の韓国の死亡宣告は日本とほとんど同じような感じで、「イムジョン(臨終)ハショスムニダ(されました)」というようになされています。韓国では、「臨終」という言葉はとてもフォーマルで丁寧に聞こえる表現としてとらえられています。「臨終」という言葉が中国から韓国を通じて日本に伝えられるまでの間に意味合いが微妙に変化していったのか、あるいは日本で醸成された「臨終」という概念が韓国に逆輸入されたのかもしれません。

「死ぬときはアメリカ」も悪くない
 アメリカでも、死亡宣告の後は黙祷moment of silence)を捧げて、家族にお悔やみを述べるのが普通です。ちなみに、お悔やみは“I am sorry about ~”と表現するのが一般的ですが、この場合は謝罪の意味は含まれません。いつかNHKのニュースで、アメリカ人が広島の平和記念資料館でインタビューされているのを見たことがありますが、 “I am sorry…”と言ったのを「(原爆を落として)ごめんなさい」というような謝罪のニュアンスで字幕にしていました。しかし、あれは単にお悔やみを言っていただけだと思います。

 死亡宣告の表現は多少違いますが、アメリカにおける臨終の作法が日本と比べて大きく異なるということはありません。 ただ、アメリカ人は信心深い人が多いので、死ぬ前から病棟で牧師がかかわってくることもよくあります。アメリカの病院は、たいてい院内にチャペルがあり、あらゆる宗派の牧師または僧侶に必要に応じて来てもらうことができます。 看護師たちも臨床的に有能でありながら非常に親身で、私も「死ぬときはアメリカでも悪くないな」と思うほどです 。

緊迫した場面でも広がる“黙祷の輪”
 そんなアメリカでも、家族が不在で、多数の医師がかかわり、かつ医師に余裕のないときなどは、臨終の作法など顧みられない場面があります。 その一つの例は、入院患者が急変して蘇生治療が施されるときです。

著者プロフィール

河合 達郎

マサチューセッツ総合病院移植外科/ハーバード大学医学部外科教授

1981 年に日本大学医学部を卒業後、外科と臓器不全治療そして免疫学が交錯する移植外科に惹かれ、腎移植と透析医療のパイオニアであった太田和夫教授が主宰する東京女子医科大学腎臓病総合医療センター外科に入局する。91年にマサチューセッツ総合病院(MGH)移植外科にリサーチフェローとして留学し、A. B. Cosimi、David Sachs 両教授の下で3年間、移植免疫の研究に従事。94年に帰国、96年に東京女子医大第3外科准教授。97年に移植臓器の免疫寛容誘導を臨床で実現するために再渡米。アメリカ医師免許取得後、MGHの臨床スタッフとなり、2002年から臨床腎移植での免疫寛容誘導のための治験を開始した。薬のいらない臓器移植(免疫寛容)を標準的な治療とすることをライフワークとしている。08年にハーバード大学准教授、12年にMGH移植外科A. B. Cosimi Endowed Chair、15年より現職。 趣味は柔道(4段)。

この記事を読んでいる人におすすめ