日経メディカルのロゴ画像

「臓器移植」という名のパンドラの箱

2010/03/16
河合達郎

 本当はもう少し軽い話題にしたかったのですが、昨年日本の国会で「臓器移植法改正案」が可決(2009年6月に衆議院、7月に参議院にて)され、今年の7月から改正法がいよいよ施行されると聞きました。臓器移植の実施を待っている患者さんやご家族に、少しでも希望の光が照らされることを願ってやみません。そこで、この機会に移植医の端くれとして、移植医療について書かせていただこうと思います。

移植医療との向き合い方
 もう15年ほど前のことになります。当時の東京女子医科大学教授(現・名誉教授)で私の恩師でもある太田和夫先生に連れられて、衆議院議員宿舎の複数の議員の部屋を突撃訪問し、脳死法案成立のための説明に回ったことが思い出されます。秘書が出て来るだけの場合がほとんどでしたが、中には直接会って長い時間話を聞いてくれる奇特な議員もいらっしゃいました。それからかなりの時間が流れましたが、残念ながら臓器移植に対する日本人の考えが大きく変わったとは思えません。

 移植医療というのは複雑なものです。脳死移植の場合、移植の成功によって幸せの頂点にいるレシピエントの対極に、ドナーの死という残酷な現実があります。医療者としては、この両極を常に見つめていかなければならないため、いくら移植に成功しても、心が晴れたことは一度もありません。生体移植でも、特に発展途上国では、臓器売買などのあってはならない問題も生まれています。

 移植医療は、いわば「開けてはならないパンドラの箱」を開けてしまったようなものです。しかし開けてしまった以上は、もうどうしようもありません。渡航移植が厳しく制限されようとしている現在、それぞれの国で臓器移植にどう対応していくのか、正面から向き合っていかなければならない時期に来ています。その結果、いろいろな理由によって日本が移植に対して消極的であっても、他国に責められるものでもありません。

 ただこうしてアメリカに住んでいると、「何かあっても、ひょっとしたら移植という手もある」という潜在的な安心感があることは否めません。アメリカでは、透析患者でも4~5年待てば何とか移植の機会が巡ってきます。しかし日本では、宝くじに当たるよりも低い確率しか期待できず、ほとんどの透析患者は何の希望もないまま、一生透析につながれていなければならないのが現実です。腎臓疾患に対してはまだ透析という手段がありますが、肝臓や心臓になると事態はもっと深刻です。われわれ自身の選択の結果であるとはいえ、日本に住んでいるということは、移植に関してだけ考えれば、不幸なことだといえます。

「心身二元論」対「山川草木悉皆成仏」
 移植および脳死に対する日本人と西洋人の考え方の違いについては、いろいろと議論されてきました。私も移植医療に携わっているため、この問題を避けて通るわけにはいかず、いろいろと考えてきました。突き詰めると、両者の考え方の違いは3点に集約されるのではないでしょうか。

著者プロフィール

河合 達郎

マサチューセッツ総合病院移植外科/ハーバード大学医学部外科教授

1981 年に日本大学医学部を卒業後、外科と臓器不全治療そして免疫学が交錯する移植外科に惹かれ、腎移植と透析医療のパイオニアであった太田和夫教授が主宰する東京女子医科大学腎臓病総合医療センター外科に入局する。91年にマサチューセッツ総合病院(MGH)移植外科にリサーチフェローとして留学し、A. B. Cosimi、David Sachs 両教授の下で3年間、移植免疫の研究に従事。94年に帰国、96年に東京女子医大第3外科准教授。97年に移植臓器の免疫寛容誘導を臨床で実現するために再渡米。アメリカ医師免許取得後、MGHの臨床スタッフとなり、2002年から臨床腎移植での免疫寛容誘導のための治験を開始した。薬のいらない臓器移植(免疫寛容)を標準的な治療とすることをライフワークとしている。08年にハーバード大学准教授、12年にMGH移植外科A. B. Cosimi Endowed Chair、15年より現職。 趣味は柔道(4段)。

この記事を読んでいる人におすすめ