日経メディカルのロゴ画像

ドイツの医師の報酬とワークライフバランス Vol.1
ドイツの医師の懐はなぜ寂しいのか

2013/09/27
馬場恒春

 ドイツの医療は日本の医学教育と医療制度の“創世記”に深く影響を与えました。しかし、医師の報酬とワークライフバランスについては、ドイツと日本は独自の歩みをたどってきました。

 内科医である家内は、知り合いの日本人から「お金があるのに質素」と言われ、「なぜ医師はお金持ちだと思うのでしょう?」と困惑します。日本で暮らす私の心優しい妹も、私たちが広い住居で裕福な生活を満喫しているものと勘違いしているようです。もっとも、かく言う私もドイツに来て「えっ!」と驚いたのは、医師に対する報酬の低さだったのですが。

 その唖然とするような現状を、今回から3回にわたってご紹介します。

病院勤務医の報酬――額は賃金協約で全国一律
 ドイツの病院(クランケンハウスKrankenhaus)に常勤する勤務医の給料はどのくらいでしょうか? ドイツにはタリフ・フェアトラークTarifvertrag賃金協約)という基準(法律)があり、医療職の給料の額は、職場の大小にかかわらず、また公的病院と民間病院とにかかわらず、全国ほぼ一律に決められています。新聞などでは、Tarifvertrag(略してTV)に基づく勤務医を指して「TV-アルツト(ドクター)」と呼ぶことがあります。

 クランケンハウスで働く勤務医は、資格に応じて4つのランクに分けられています。すなわち、(1)専門医資格取得前の医師、(2)専門医資格を有する医師、(3)指導医(オーバーアルツト:Oberarzt/- ärztin)、(4)診療科の責任者(シェフアルツト:Chefarzt/- ärztin)です。給料の額は、このランク付けと勤務年数によって決まります。専門医の資格を得るためには専門科のあるクランケンハウスでの卒後研修が必要であるため、医学部を卒業した医師は一番下のランクで1年目の仕事を始めることになります。

 今年(2013年)のタリフ・フェアトラークの給料額を見てみましょう。週40時間の労働として、1年目の新人の月給は税込で3944ユーロ(※1)、4年目になると4604ユーロ、1年目の指導医は6520ユーロ、7年目以降では7451ユーロとなります(表1)[1]。なお、私の住むノルトライン=ヴェストファーレン州では、週42時間労働で、これより少しだけ条件の良い契約内容になっています。既に2014年1月からのタリフ・フェアトラークも、今年3月の協議でまとまっています。

著者プロフィール

馬場 恒春

ノイゲバウア‐馬場内科クリニック(デュッセルドルフ)

1971年、カリフォルニア州へAFS交換留学。1978年、弘前大学卒業。弘前大学、ドイツのハインリヒハイネ大学(フンボルト基金研究員)、国立国際医療センター臨床研究部(流動研究員)、リューベック大学(フンボルト基金研究員)、東京大学、北里大学、福島県立医科大学の各研究室でお世話になった後、2003年に渡独。現在はデュッセルドルフ市内のノイゲバウア馬場内科クリニックに勤務。専門は内科一般。趣味はサッカー応援、大相撲観戦。

この記事を読んでいる人におすすめ