日経メディカルのロゴ画像

徴兵を抽選で決めたベトナム戦争と臨床研究
1970年代の医療ビッグデータ

2013/08/15
永松聡一郎
徴兵を抽選で決めたベトナム戦争と臨床研究の画像

 従軍経験が健康に対して悪い影響を与えるということは想像に難くないでしょう。その影響を裏付けるため、徴兵が抽選で行われたことに注目した研究が、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌(NEJM)に報告されています[2]。この論文を切り口として大規模データベースを用いた臨床研究について考えてみたいと思います。

著者プロフィール

永松 聡一郎

ミネソタ大学呼吸器内科・集中治療内科クリニカルフェロー

2003年東京大学医学部医学科卒。アメリカ内科専門医(ABIM)。帝京大学市原病院麻酔科、ミネソタ大学内科レジデントを経て、2008年より現職。専門分野は集中治療におけるQuality Improvement。病院間で異なる治療プロトコールの標準化や多施設間クリニカルトライアルのコーディネートを行っている。趣味は演劇、航空機。

この記事を読んでいる人におすすめ