日経メディカルのロゴ画像

医療者が薬物乱用の罠にはまるとき

2011/02/03
日比野誠恵

 ある日のこと、深夜勤の看護師マイケルと救急部の看護主任が何やら神妙な顔をして抱き合っている場面を目にしました。後でよくよく事情を聞いてみると、どうやらマイケルが救急部のモルヒネ系鎮痛薬を盗用していたことが発覚し、その日の勤務を最後にリハビリ施設に入るということでした。マイケルは20歳代後半のちょっと影のある「イケメン」。仕事もよくできて頼りになる看護師だったので、みんな非常に残念がりました。彼は当時再婚したばかりだったので、「どうして?」という感じでもありました。

 以前、アメリカの薬物乱用・依存・盗用患者(ドラッグシーカー)について少し書きました。この国で長く臨床をしていると、医療者による薬物乱用・依存・盗用というケースにも出くわします。ただし、特に麻薬がらみで問題が起こると、ことがことだけに、職場内で大っぴらに報告されることはほとんどありません。「あれ? あいつ、そういえば見ないけれど、辞めたの?」「実は、麻薬の盗用が見つかったんだって」といったスタッフのひそひそ話から概要が分かるくらいで、詳細までは分からないことが多いものです。

救急医チャックのアルコール依存
 チャックは50歳代半ばの救急医でした。個人的に私が知る中で、初めて薬物乱用・依存の問題を起こした医療者です。酩酊状態で仕事をしていたということで彼がアルコール依存症のリハビリ施設に入所して行ったのは、私がミネソタ大学病院の救急部に入ってすぐの頃でした。リハビリのプログラムを終えた彼は、ブレイナード(ミネアポリスから北へ車で2時間ちょっと行ったところにあるリゾート地です)のurgent care(日本で言うところの「時間外外来」でしょうか? ただし、呼吸困難、胸痛、意識障害といった緊急の病態には対応していません)で働いていると、風の便りに聞きました。

 私は赴任したばかりだったので、彼の深い部分まで知っていたわけではありませんが、古参のクラークさんいわく、古くからいる救急医の1人で気さくな人柄。かなり裕福なフランス人女性と結婚していたということです。人種的にはアメリカインディアンでした。彼の場合はともかくとして、ミネソタの地で臨床をしていると、地域性もあるのでしょうか、アメリカインディアンの患者はアルコール乱用の問題を抱えている人が他人種に比べて多いような印象があります。

 ご存知のように、アメリカインディアンはアメリカ建国の段階でヨーロッパからの移民に虐殺され、持ち込まれた疫病に苦しめられ、時にはインディアン居住地に強制移住させられたという悲しい歴史を背負っています。今でも独自の文化や宗教を大切に守っていますが、全体としては経済、雇用、教育などの面で様々な困難を抱えています。こうしたことの反映でもあるのでしょうか、最近の統計を見ても、アメリカインディアンのアルコール乱用率は、アメリカ全体の平均より有意に高くなっています(30.6% vs. 24.5%)[1]。

著者プロフィール

日比野 誠恵

ミネソタ大学ミネソタ大学病院救急医学部准教授

1986年北里大学医学部卒。横須賀米海軍病院、セントジュウド小児研究病院、ピッツバーグ大学病院、ミネソタ大学病院を経て、1997年より現職。趣味はホッケー、ダンス、旅行など。

この記事を読んでいる人におすすめ