日経メディカルのロゴ画像

医療者も当然、銃を撃つ

2013/01/23
岡野龍介

写真1 息子が持ち帰ったライフルの空薬莢。空薬莢を郵便で送り付けるだけで脅迫行為になる日本では考えられません。

 銃の乱射による無差別殺人事件がまた起こってしまいました。2012年12月14日朝、米コネチカット州ニュータウンにあるサンディフック小学校で若い男が銃を乱射し、5~10歳の児童20人と、校長を含む職員6人が死亡した事件は、まだ皆さんの記憶にも新しいと思います。容疑者は現場で自殺してしまい、犯行の動機は不明のままです。

オバマ大統領は「胸が張り裂ける思い」と言うが
 過去に何度も起こった銃乱射事件の中でも、さすがに小学校で児童が一度に何十人も殺された例はありません。銃による殺人事件のニュースには慣れっこになっているアメリカでも、驚きと深い悲しみが広がりました。アメリカでは、銃による重大事件が起こるたびに、銃規制の問題が幾度となく取り沙汰されます。しかし、そのたびに全米ライフル協会National Rifle AssociationNRA)の強力なロビー活動や世論の強い抵抗が立ちはだかり、規制はなかなか進んでいませんでした。

 マスコミ報道では、今度ばかりはNRAも重い腰を上げて何らかの策を打つことを検討し始めたとか、長年銃規制には断固反対の姿勢を取ってきた議員が一転して規制に賛成し始めたとか伝えられています。オバマ大統領も演説で涙をぬぐうような仕草を見せながら“Our hearts are broken”(胸が張り裂ける思いだ)と述べ、再発防止に取り組む考えを表明しました。

「家に銃はあるか?」が問診の必須項目
 日本における犯罪発生率が他の先進国に比べて低いのは、貧富の差が少ないうえ、国民全体の教養レベル、引いては道徳観念が優れているためであるということに、疑いを挟む余地はありません。同様に、教養や道徳があり、真面目に仕事をしている善良なアメリカ市民にとっては、薬物汚染、強盗、殺人といった凶悪な社会問題は、同じアメリカ国内のことであっても縁遠いものです。

 ところが、このような善良で道徳的なアメリカ市民でも、銃の所持となると話は別。家庭に銃を置き、趣味で銃を買いそろえ、レジャーとして銃を撃つ人が非常に多いのが事実です。アメリカの家庭医の実に7割は、「家庭に銃があるかどうか」「銃は弾丸を抜いて安全な場所に保管してあるか」を問診で尋ねるようにしているといいます[1]。

 銃は、猛獣を撃退する山奥の農場主や盛り場をうろつく若者、ましてや犯罪者だけの特別なものではないのです。今やアメリカ国民の実に40~60%が銃を所持し、国民1人に1丁以上は行き渡るほどの銃が全米にあるだろうと言われています。

医療者にとっても、“大人のたしなみ”?
 勤務先の手術室で周りの人たちに聞いて回ってみると、銃など持っていないし、撃ったこともないという人が多くいる中で、子どもの頃から銃のある家庭で育ち、今は大人の趣味・娯楽として銃を持っているという人も、結構な割合で存在することに驚きました。

麻酔科医A「この間、裏庭を野ウサギがうろついていたから、さっそく銃を取ってきて撃ち殺してやった。ウサギって、撃つと飛び上がるんだぞ」

看護師「夏休みには家族と一緒に、馬に乗って森でキツネ狩りよ」

麻酔科レジデント「中学生のときから、親父のハンティングについて行って、よく撃ってました。今は、拳銃と猟銃を家に持ってますよ」

麻酔科医B「銃規制? 寝言を言うんじゃないよ。銃の所持は憲法で保障された国民の権利だ。家の敷地に不法侵入する奴は容赦なく撃つ」

麻酔科医C「高校生の娘が射撃上手で、今度大会に出場するんだ。弾薬を買う費用がかさんで困る」

麻酔科医D「この写真は、この前、コレクションとして購入した旧日本軍の銃なんだ。ここに書いてある漢字は何ていう意味なのかな?」

 家に帰って、中学生の息子に尋ねると、こともあろうに「この間、ボーイスカウトのキャンプでライフルを撃ったよ。面白かった。これが空薬莢。え? パパは銃撃ったことないの?」と言われました(写真1)。無論、私自身は本物の銃には触れたこともありません。

著者プロフィール

岡野 龍介

インディアナ大学病院麻酔科アシスタント・プロフェッサー

1962年ニューヨーク生まれ。1988年産業医科大学卒。1993年に新日鉄広畑病院で麻酔科を設立、手術室・ペインクリニック・救急部の設計に携わる。10年間勤務の後、渡米。2003年インディアナ大学病院麻酔科レジデント、2007年シンシナティ大学病院ペインフェローを経て、2008年より現職。米国麻酔専門医。趣味はサイクリング、料理、日曜大工、映画鑑賞など。

この記事を読んでいる人におすすめ