日経メディカルのロゴ画像

採用されるPersonal Statementはここが違う!

2011/06/29
岡野龍介

 KUROFUNetで記事を書くようになって、アメリカへの臨床留学の相談をよく受けるようになりました。その中でも多いのが、留学を志す人が苦しむPersonal Statementの書き方についてです。今回は、アメリカのレジデンシーのプログラムディレクターの目に留まる、魅力あるPersonal Statementの書き方についてお話ししようと思います。

 Personal Statementとは、応募者が志望先に提出する、自分を売り込む小論文のことです。アメリカでは、学校の受験や就職の応募のたびにPersonal Statementと知人からの複数の紹介状を要求されるのが習わしで、レジデンシープログラムの応募もこのスタイルを踏襲しています。日本の大学受験の小論文のように、特にテーマが決まっているわけでも、文字数に制限があるわけでもありません。

自分の考えを1行で書き出す
 レジデンシーの応募シーズンになると、プログラムディレクターの元には毎週たくさんの願書が届きます。皆が医学部出身で、同じ専門科を目指し、同じような人生の目標を持っているのですから、Personal Statementの内容はおのずと似通ったものになりがちです。何十人ものPersonal Statementに目を通して半ばうんざりしているプログラムディレクターに最後まで一気に読み通してもらうためには、エッセイでありながら科学論文のように明快でテンポの速い、論理的な文章の展開が必要です。

 論理の展開を見失わないようにしつつPersonal Statementのような長文をつづるには、まず話の骨格を作り、後で肉付けしていく方法を採ります。具体的には、次に挙げる項目が話のバックボーンになります。

 (1)つかみ
 (2)自分の紹介
 (3)なぜ、この専門科を志望しているのか
 (4)なぜ、アメリカに臨床留学をしたいのか
 (5)なぜ、自分が採用されなければならないのか
 (6)レジデンシー修了後~長期的な目標
 (7)家族のサポート

 まず、「つかみ」を除く各項目の内容について、1行で自分の考えを書き出します。この「1行で」というのが肝心で、各項目について自分が最も言いたいことを簡明に書き記し、自分の頭の中ではっきりとさせる目的があります。

 次に、それぞれ「1行で」書かれた自分の考えを、1~3パラグラフずつ費やして文章に書き起こしていきます。必ずしも最初から英語で書く必要はありません。最初から最後まで日本語で書き上げてから後で一気に英訳しても、立派なPersonal Statementにはなります。

1.「つかみ」
 印象的な書き出しは、読み手の読む意欲を喚起し、多くの似通ったPersonal Statementの中から自分のものを目立たせるのに役に立ちます。とはいえ、文筆を生業とする者ならいざ知らず、人生でせいぜい1~2回しか書かないPersonal Statementを、いきなり上手なつかみから始めることができる人はあまりいません。

 まずは、つかみ部分は飛ばして他の部分を書き上げ、その後で全文を通して最も印象深いと思われる項目を、パラグラフを入れ替えて意図的に先頭に持ってくるようにします。このとき、書かれている内容を象徴するような具体的なエピソードを交えることで、ドラマチックに演出することが可能になります。

 パラグラフの入れ替えによって話の筋が混乱するのを防ぐために、各々のパラグラフはそれ自体である程度の完結性を持たせるように心がけておきます。すなわち、「パラグラフのモジュール化」です。注意深くモジュール化されたパラグラフは、つかみのために大胆に先頭に移動させても話の筋を混乱させることがありません。それでいて、意図的に時系列を乱した話はテーマを際立たせるのに役立ちます。

著者プロフィール

岡野 龍介

インディアナ大学病院麻酔科アシスタント・プロフェッサー

1962年ニューヨーク生まれ。1988年産業医科大学卒。1993年に新日鉄広畑病院で麻酔科を設立、手術室・ペインクリニック・救急部の設計に携わる。10年間勤務の後、渡米。2003年インディアナ大学病院麻酔科レジデント、2007年シンシナティ大学病院ペインフェローを経て、2008年より現職。米国麻酔専門医。趣味はサイクリング、料理、日曜大工、映画鑑賞など。

この記事を読んでいる人におすすめ