日経メディカルのロゴ画像

「仕事と家庭の両立」はどこの国でも大変だけれど…
アメリカの女性医師・研究者の働き方

2013/03/28
佐竹典子
「仕事と家庭の両立」はどこの国でも大変だけれど…の画像

 私の所属するUC Davis病院小児科には74人の医師がいますが、その中で女性は37人です。レジデントは37人中30人が女性(3年目のレジデントは15人全て女性)と、小児科という科の特性もあると思いますが、女性の方が多いです。ちなみに、うちの医学部生428人のうち238人が女性です。

著者プロフィール

佐竹 典子

カリフォルニア大学デービス校Cancer Center小児血液腫瘍科アシスタントプロフェッサー

1990年、旭川医科大学卒。北海道大学小児科で研修後、埼玉県立がんセンターで研究に携わり、1997年、ポスドクとしてロサンゼルス小児病院へ。その後、オハイオ州立ライト大学小児病院でレジデント、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) で小児血液腫瘍科フェローを終え、2007年より現職。趣味は音楽(クラシックとジャズ)、読書、写真、旅行、エッセイ書き、キックボクシング、水泳、ダイビングなど。「『よく遊び、よく学べ』がモットーです」。

この記事を読んでいる人におすすめ