日経メディカルのロゴ画像

「仕事と家庭の両立」はどこの国でも大変だけれど…
アメリカの女性医師・研究者の働き方

2013/03/28
佐竹典子

 皆さんお久しぶりです。今回は「アメリカで女性医師として働くこと」がテーマです。自身の経験から、そして周囲の女性医師または女性研究者を見て思ったことを書きたいと思います。

 私の所属するUC Davis病院小児科には74人の医師がいますが、そのうち女性は37人。レジデントは37人中30人が女性で、3年目に限ると15人全てが女性です。小児科という科の特性もあると思いますが、このように女性比率が高くなっています。ちなみに、うちの医学部生428人のうち、女性は238人です。

配偶者そろってのリクルートは普通に行われている
 こちらでは、medical school(4年間)の前に、undergraduate school(4年間)に行く必要があります。また、medical schoolへ進む前に、多くの学生がラボでアシスタントをしているため、医学生の平均年齢は日本に比べると数歳高くなっています。そのせいか、医学生またはレジデントのときに結婚する人がわりといます。私がレジデントだったときのクラスを振り返っても、今のレジデントを見ても、半数近くが既婚者または子持ちということは珍しくありません。

 アメリカでは共働きが当たり前なので、女性であれ男性であれ、既婚者も独身者と同じように働いています。家事を分担するのも当たり前です。私がインターン(レジデント1年目)を始めたときは、24時間以上続けて働いてはいけないという規則()ができる前で、4日に1度の当直では30時間以上寝ずに仕事をし、帰宅したらとにかく寝るという日々でした。今の当直制度はだいぶ楽になりましたが、それでもレジデントの生活はきついし、収入は低いので、配偶者の理解とサポートは欠かせません。

 アメリカでは、レジデントから、フェローシップ、常勤医と進むごとに、数年のサイクルで移動することも珍しくありません。その際、夫婦そろってのリクルートもごく普通に行われています。例えば、カップルでレジデントを希望する場合、科が異なっても同じ施設での採用が考慮されるようです。もちろん、両人に実力があってこその話ですが…。

 振り返ってみると、私も過去のjob interviewで、「夫は何をしているのか?」「あなたがうちへ来た場合、彼はここで仕事を見つけられるか?」という質問を必ず受けました。仕事の斡旋まではしてくれませんが、カップルとしての生活を考慮してくれていると思います。

産後休業は当然のこととして周囲は対応
 出産ばかりは、完全に男女平等というわけにはいきません。産後休業が6週間(こちらでは産前休業はありません)与えられ、さらに有給休暇をプラスしている人が多いようですが、レジデントであれ指導医であれ、出産を期に仕事を辞めた人を今まで見たことはありません。もちろん、仕事と育児の両立は簡単ではないようで、これは日本でも同じだと思います。


 2003年にACGME(Accreditation Council for Graduate Medical Education)が定めたduty hours regulationのこと。ただし、最大6時間まで、教育活動や既に受け持っている患者の継続的な診療を行ってもよい(すなわち、最大30時間まで連続して働くことができる)。

著者プロフィール

佐竹 典子

カリフォルニア大学デービス校Cancer Center小児血液腫瘍科アシスタントプロフェッサー

1990年、旭川医科大学卒。北海道大学小児科で研修後、埼玉県立がんセンターで研究に携わり、1997年、ポスドクとしてロサンゼルス小児病院へ。その後、オハイオ州立ライト大学小児病院でレジデント、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) で小児血液腫瘍科フェローを終え、2007年より現職。趣味は音楽(クラシックとジャズ)、読書、写真、旅行、エッセイ書き、キックボクシング、水泳、ダイビングなど。「『よく遊び、よく学べ』がモットーです」。

この記事を読んでいる人におすすめ