日経メディカルのロゴ画像

「この人は昇進すべき?」、周囲のスタッフが投票

2011/08/31
佐竹典子

 1997年、私はロサンゼルス小児病院へポスドクとして研究留学しました。その後、こちらで出会ったアメリカ人と結婚したため、USMLE(United States Medical Licensing Examination)を受けて臨床研修をやり直しました。オハイオ州のライト州立大学小児病院で2年間(fast track)のレジデントを経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で3年間、小児血液腫瘍科のフェローシップをしました。長かった研修をようやく終え、2007年よりカリフォルニア大学デービス校UC Davis)の小児血液腫瘍科のアシスタント・プロフェッサーをしています。

 UC Davisはサンフランシスコから北東へ140kmほど入ったところにあります。農学部と獣医学部が強いことで知られ、カリフォルニアワインの産地として有名なナパ郡の近くに位置していることもあって、全米でも珍しいワイン学科もあります。

physician-scientist を生み出すサポート
 UC Davisへ来てもうすぐ4年になりますが、私はphysician-scientistを目指して研究を進めています。physician-scientistとは、グラント(研究費)を獲って自立して研究をする医師のことです。基礎でもトランスレーショナルでも臨床でも、研究内容は問いません。ただし、独立した研究者になるためには、相当の時間を研究に当てる必要があります。

 アメリカでは、physician-scientistを育てるためのサポートシステムが用意されています。例えば、“Career Development Award”は若手の研究者(MD〔doctor of medicine〕やPhD)が対象の3~5年間の研究費(funding)で、国立衛生研究所(NIH)や、Howard Hughesなどの個人財団が資金を提供しています。若手の研究者に対して存分に研究に取り組む機会を与え、独立した研究者(医師の場合はphysician-scientist)に成長させることを目的にしています。私もCareer Development Award獲得のために、あちこちに申請を出しています。

 Career Development Awardの特徴は、研究費だけでなく給与までサポートしてくれることです。その代わり、就業時間の75~80%を研究に当てるように約束させられます。したがって、大学のサポートが欠かせません。

 アカデミックな大学や、うちくらいの規模の大学でも内科など大きな科であれば、お金やマンパワーがあり、physician-scientistを目指す医師を臨床から外して研究に専念させる余裕があります。ところが、私の所属する小児科のように小さくて赤字の部門では、そういったことは容易ではありません。にもかかわらず私は、研究上のボスと医学部長の多大なサポートにより特例で臨床から外してもらい、90%の時間を研究に費やすことができる環境を整えていただくことができました。以下、ここに至るまでの経緯の前に、背景としてUS Davisの人事システムをまず簡単に説明します。

UC Davisのユニークな勤務形態―臨床?研究?それとも両方?
 まず、UC Davisの勤務医の雇用体系は大まかに3種類に分けられます(表)。なお、UC Davisのシステムは非常にユニークなもので、他の大学には当てはまらないことをお断りしておきます。

著者プロフィール

佐竹 典子

カリフォルニア大学デービス校Cancer Center小児血液腫瘍科アシスタントプロフェッサー

1990年、旭川医科大学卒。北海道大学小児科で研修後、埼玉県立がんセンターで研究に携わり、1997年、ポスドクとしてロサンゼルス小児病院へ。その後、オハイオ州立ライト大学小児病院でレジデント、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) で小児血液腫瘍科フェローを終え、2007年より現職。趣味は音楽(クラシックとジャズ)、読書、写真、旅行、エッセイ書き、キックボクシング、水泳、ダイビングなど。「『よく遊び、よく学べ』がモットーです」。

この記事を読んでいる人におすすめ