日経メディカルのロゴ画像

「このたび、Google先生のご高配により」

2011/06/17
内野三菜子

日本放射線腫瘍学会の学生セミナーの様子です。パソコン上でシミュレーションしながら、治療計画を立てたりしています。

 はじめまして。2009年9月よりトロント大学Ontario Institute for Studies in Educationの修士課程で医学教育を学びながら、2010年1月よりトロント・プリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科(=トロント大学放射線腫瘍科)でクリニカルフェローをしております、内野三菜子と申します。

 「医学教育」「クリニカルフェロー」という、ぱっと聞きに医学生や若手医師が飛び付きそうな、いかにも今流行の、そして「何をしているんだろう?」と思われるかもしれない肩書きを私が持つに至った経緯について、初めにお話ししたいと思います。

セミナー存続を求めて学会理事の先生方に直訴
 私が医学教育を学ぶことになったそもそものきっかけは、日本放射線腫瘍学会が主催する医学生・研修医を対象としたセミナーでした。放射線腫瘍学に興味を持ってもらおう、放射線腫瘍医を増やそうという目的で開かれたこのセミナーに、私は医学部6年生のときに学生として参加し、放射線腫瘍医になろうと決心を固めました。

 このセミナーは、理事クラスの非常に偉い先生方の参加も得ていましたが、誰もが所属の分け隔てなく、学生を相手に非常に熱心かつ懇切丁寧に語っておられたのを鮮明に記憶しています。当然、放射線腫瘍医になることを勧めるわけですが、「放射線治療に理解のある医師となってくれれば、必ずしも放射線腫瘍医にならなくてもいいから、とにかく勉強してほしいんだ」とまでおっしゃる先生も。放射線腫瘍医として、医局の別なく学会一丸となって癌診療の将来を切り開こうとする姿勢に、強く感銘を受けました。

 しかし、いざ自分が放射線腫瘍医になったときには、参加者の減少と主管大学にかかる負担のアンバランスのため、セミナーの存続は風前の灯の状況でした。何とか継続してもらいたいと、医局の壁を越え、学生時代に同じセミナーに参加して同じく放射線腫瘍医になった何人かの仲間たちと共に理事の先生方にお願いしたところ、セミナーのお手伝いをさせてもらえることになりました。

 実際の診療現場で使用する治療計画ソフトをインストールしたパソコンを使っての実習は、既にセミナーに導入されていました。そのソフトの操作の助手を務める中で、「せっかくならば、治療計画を立てる背景としての癌そのものも学べるような問題解決型の学習プログラムを導入できないか?」と考えるに至り、ついに「単なる実習助手でなく、プログラムの運営ごと任せてほしい」と、思い切って主管大学の先生方に直訴しました。直訴した以上は、実習の内容を周到に準備するのはもちろん、主管大学の医局にも通って雑用を手伝いました。

 学習プログラムのストーリーと学習到達目標の作成に当たっては、自分が学生時代に体験した問題解決型学習プログラムに則って用意した上、問題解決型学習導入の草分けであり医学教育の第一人者である東京女子医科大学の神津忠彦先生のところへ直接に伺い、内容を指導していただきました。

 学習を進める上で必須となる参考資料は、専門医試験の準備中だった主管大学の医局員の先生が、解剖から最新のEBMの原著論文までカバーする素晴らしいまとめを作ってくださいました。結構な厚さになった資料を持参して、学会の教育委員長の先生に学習の進め方と学習プログラムの実習での位置付けを説明したところ、大いに納得していただけた様子でした。

著者プロフィール

内野三菜子

国立国際医療研究センター病院放射線治療科

1998年東京女子医大卒。東京医療センターにて外科研修医。聖マリアンナ医大放射線科、埼玉医大放射線腫瘍科を経て、2010年1月からトロント大学プリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科。2013年7月から現職。趣味は、カナダ在住時に習い始めたカリヨン(カナダに11台しかない楽器)。

この記事を読んでいる人におすすめ