日経メディカルのロゴ画像

利き酒ならぬ「利き脈」で患者を“味わう”

2014/04/24
本橋京子
利き酒ならぬ「利き脈」で患者を“味わう”の画像

 脈診は中国伝統医学の診断法である中医四診法、すなわち「望」「聞」「問」「切」のうちの一つ。「望」とは見ること、つまり視覚による診断です。「聞」には臭いをかぐこと、音を聴くことの2つの含意があります。「問」は問診、「切」は触診です。中国ではほとんど見られないのですが、日本漢方では必ず行う腹部の触診(腹診)も、この「切診」に分類されます。今回のテーマである脈診も同様です。

著者プロフィール

本橋 京子

ラッフルズジャパニーズクリニック(心療内科/漢方外来)勤務医
東京女子医科大学附属東洋医学研究所非常勤講師

1995年東京女子医科大学卒。同大神経精神科で臨床研修後、筑波病院内科、みやざきホスピタル精神科を経て、中国伝統医学を学ぶため2001年に北京へ。02?09年、中国政府奨学金留学生として北京中医薬大学大学院へ国費留学。06年中西医結合内科学修士号取得。修士論文のテーマ『冠元顆粒の認知症BPSD改善作用に関する研究』でイスクラ漢方奨励賞(第30回)受賞。10年中医学博士号取得。同年10月よりマレーシア・ペナン島の中医診療所で診療を行うかたわら、みやざきホスピタルで精神科と漢方診療を行う。12年4月より現職。現在は、シンガポールと上海のクリニックを毎月往来している。趣味は、中国の歴史や王朝物のドラマ鑑賞、形意拳。

この記事を読んでいる人におすすめ