日経メディカルのロゴ画像

漢方医学から見る「PM2.5問題」

2013/05/01
本橋京子

上海で撮影した朝日の写真。曇りではないのに空が霞んでいます。

 皆様、初めまして。私はもともと中国伝統医学を学ぶため、約9年にわたり北京に留学していました。その後、縁あってシンガポールのラッフルズジャパニーズクリニックに就職し、月のうち半分は分院のある上海へ出張して診療に当たっています。この連載では、中国という国と長くかかわってきた私が、これまで見聞きしてきたこと、現地の医療現場で実際に体験したことをお伝えしていきたいと思います。

PM2.5を発生させる“犯人”は?
 さて、中国に関する最近の話題の中で、われわれ医療従事者にとって気になるものの一つが大気汚染問題です。ニュース映像で繰り返し映し出されていた、灰色の空に白い靄がかかる北京の街並み、防塵マスクの厳重装備で行き交う人々の姿は、まだ記憶に新しいと思います。

 私が北京に留学した2001年、折しも中国は高度経済成長の全盛期。排気ガス規制が行き届いていない中、車の数はうなぎ登りで、渋滞は日増しに激しくなります。スモッグがかかる日の割合も年々増加していきました。スモッグとは粒径10μm以下の煤のことですが、空が白から灰色に霞んで、「可視距離が10mもないのでは?」と思われるような日が何日も続いていました。

 季節的に冬の方がひどい印象があるのですが、それは毎年冬季に供給される「暖気」と呼ばれるセントラルヒーティング式暖房システムの影響が大きいと思います。中国の黄河以北では、どの建物でも各部屋にラジエーターが備え付けてあり、冬をポカポカ快適に過ごすことができます。

 ところが、その中に通す湯を沸かすのに用いられる石炭を燃やす際、大量の煤やPM2.5(直径2.5μm以下の超微粒子の総称)が発生するのです。中国国内において、不純物の多い石炭を燃やしたときに出る煙を浄化する装置の稼働率が低いことも、問題を後押ししています。いずれにしても、上海は黄河以南にあるため「暖気」はなく、北京よりも様々な面で規制が厳しいため、渋滞も大気汚染も北京ほどではないと感じています。

西洋医学なら「なるべく曝露を避ける」だけだが
 さて、ここでPM2.5の身体への影響について触れてみたいと思います。10年単位の長期的な曝露による慢性的な影響としては、COPDをはじめ、肺癌や虚血性心疾患があります。急性の影響については、循環器や呼吸器に基礎疾患がない限りは少ないようです。あったとしても、軽い喉の違和感や咳、痰といったところでしょう。時折、胸部圧迫感や息苦しさなどを訴える患者も外来を訪れますが、心理的な要因によるものが大きいと考えています(後述)。むしろ、たばこの副流煙の方が体への負担はずっと大きいと指摘されているほどですから[1]。

 とはいえ、空気がきれいであるに越したことはないし、PM2.5のように体に益のないものであれば、少しでもそのリスクを減らしたいと思うのが人情。西洋医学でも予防の必要性が叫ばれていますが、その具体的な方策となると「曝露をなるべく避けること」くらいしかありません。

 これに対し、漢方医学では明確な予防法があります。その根本となるのが、「弱い部分を補い、必要ないものを手放すことで心身の防御能力を高め、総合的な抵抗力を増加させる」という考え方です。

 その上で鍵となるのが、漢方医学的なという2つの「」。臓といっても西洋医学的な臓器そのものではなく、もっと広い意味での「機能単位」と考えたらよいでしょう。漢方医学的な「肺」は西洋医学の呼吸器系に近い概念であり、漢方医学的な「脾」は消化器としての機能、血液の産生・代謝サイクルをコントロールする機能などを司るものと考えられています。

著者プロフィール

本橋 京子

ラッフルズジャパニーズクリニック(心療内科/漢方外来)勤務医
東京女子医科大学附属東洋医学研究所非常勤講師

1995年東京女子医科大学卒。同大神経精神科で臨床研修後、筑波病院内科、みやざきホスピタル精神科を経て、中国伝統医学を学ぶため2001年に北京へ。02?09年、中国政府奨学金留学生として北京中医薬大学大学院へ国費留学。06年中西医結合内科学修士号取得。修士論文のテーマ『冠元顆粒の認知症BPSD改善作用に関する研究』でイスクラ漢方奨励賞(第30回)受賞。10年中医学博士号取得。同年10月よりマレーシア・ペナン島の中医診療所で診療を行うかたわら、みやざきホスピタルで精神科と漢方診療を行う。12年4月より現職。現在は、シンガポールと上海のクリニックを毎月往来している。趣味は、中国の歴史や王朝物のドラマ鑑賞、形意拳。

この記事を読んでいる人におすすめ