日経メディカルのロゴ画像

日本人は点滴がお好き?

2013/11/12
寺川偉温

Caring for Patients from Different Cultures(第4版)には、「アジア人は痛み止めももらえずに(痛みを)我慢しているので注意しなさい」とまで書かれています。

 まだベトナムで働き始めて間もない頃のこと―。イギリス人の40歳代男性が下痢でやって来ました。「昨日は20回以上の下痢をして、今朝もまだ続いている。水分はなんとか摂れているものの、食事は摂れない」という訴えでした。

 身体所見ではひどい脱水の徴候は見られなかったものの、圧痛を伴う腹痛があり、本人も疲弊した様子でした。「この状況なら、点滴すれば症状はかなり楽になるだろう」と考えた私は、日本で診療していたときと同じ感覚で「じゃあ、点滴した方がいいでしょう」と伝えました。

 すると、その患者は大変驚いて「えっ、点滴?」と聞き返してきました。明らかに、点滴をするという医師の判断が意外だった様子。その反応を予期していなかった私も一瞬驚いたのですが、当時は話の流れをうまく変える英語力すらなく、その患者はそのまま点滴を受けることになりました。

文化が変われば、医療に対する考え方も変わる
 皆さんは、この状況で点滴をすべきだと思いますか? 後日、同僚のアメリカ人医師(ベトナムの前も中国で働いており、アジアでの長い診療経験を持っています)に相談してみたところ、笑いと共に返ってきた回答はこうでした。

 「アジア人は点滴が好き。点滴で調子が良くなると考えているから、『点滴を受けると治療をしてもらった』という気分になる」
 「欧米人は点滴が好きじゃない。点滴をするのは『点滴をしなければならないくらい病状がひどいから』というようにとらえている」
 「アジア人の中でも、特に日本人は点滴が好きだよね」

 この答えを聞いて、私はとても納得しました。そして、イギリス人男性を診察したときの反応が理解できました。点滴と言われて、彼は「自分はそんなに重症なのか?」と思ったのかもしれません。当たり前のことではありますが、文化に違いがあるのだから、医療の習慣、医療に対する考え方にも違いはあるわけです。それを理解できないと、良い診療はできません。

 「欧米人は点滴を好まない」というシンプルな事実が分かってからは、診察はスムーズでした。多少下痢がひどいようでも、明らかな脱水症状がなく、本人が「水分は摂れる」と主張するときは点滴はしていません。逆に、明らかに状況が悪いときは、本人も自覚しているのか、「点滴をした方がいい」と言うと素直に受け入れてくれることが多いのです。診察をする中で受ける印象ですが、欧米の人々は血液検査で針を刺すのは大丈夫だけれど、針を通して体内に薬を入れるというイメージを怖がっている(嫌がっている)という感じです。

 逆に日本人は、半日でも下痢が続いたら「何はともあれ、点滴してください」。当院で働く欧米人の医師もそのことを分かってきていて、「ああ、日本人の旅行者が下痢ね。点滴ね…」と、さらっと受け入れてくれます。

著者プロフィール

寺川 偉温

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

2002年、浜松医科大学医学部を卒業し、同第一内科入局。聖隷三方原病院で内科研修後、焼津市立総合病院で消化器内科として勤務。2009年より現職。「週末はもっぱら子どもと遊んでいます。毎日暑いのに海が近くにないのが、ホーチミンの難点です」


寺川 瑠奈

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン小児科医

2003年、浜松医科大学を卒業し、同小児科入局。浜松医科大学医学部附属病院小児科、NICUを経て、社会保険浜松病院、榛原総合病院、焼津市立総合病院で小児科医として勤務。2009年より現職。第2子はベトナムで出産。好きなことは、旅行、散策、ヨガ、買い物、読書、子どもと遊ぶこと。「特に、甘いベトナムコーヒーはやめられません」

この記事を読んでいる人におすすめ