日経メディカルのロゴ画像

頼れるのは自分だけ、“空飛ぶ医者”のとても長い旅
ベトナム発、医療航空搬送体験記

2012/10/18
寺川偉温

機内での搬送の様子。ベッドは狭く、ここでまともな医療行為を行うのは、正直かなり困難です。

 “evacuation”という単語をご存知ですか? 日本語に訳すと「避難」「退避」といった意味になりますが、私はこの単語の意味をベトナムに来てから知りました。

 ホーチミンのクリニックでの勤務初日、オリエンテーションの際に、「もし日本人の患者でevacuationがあったら、あなたに行ってもらうから」と言われたのです。「エバキュエーション?」と思いましたが、どうやら話を聞いていると患者を飛行機に乗せて搬送することを指すようでした。クリニックの中で働くだけだと思っていたので、びっくりして「それって、まさか自分が空の上でお医者さんをするってこと?」と聞くと、「もちろん!」という返事でした。

飛行機内に臨時の「病室」、とんでもない費用が…
 正確に言えば、 単に“evacuation”ならば「危険地帯や紛争地域からの退避」ということになり、「医療搬送」は“medical evacuation”と表現されます。似たような言葉に“repatriation”というのがありますが、こちらは「本国に送還する」という意味合いが強くなります。

 普段はあまり気にしないかもしれませんが、日本で購入する海外旅行保険では、必ず緊急医療搬送費用をカバーする契約になっています。海外滞在中に大きなけがや事故に遭ってしまい、医師や看護師の付き添いを受けて日本まで帰国することになった場合、その費用を保険会社が持ってくれるのです。言うまでもなく、この医療搬送には非常にお金がかかります。

 自力歩行ができ、座位の保持が可能な患者ならまだしも、多くの重症患者はベッドから起き上がることさえできない状態です。飛行機の中にはベッドを置けるようなスペースがないので、乗客用の座席を2~3列分取り払って専用のストレッチャーを設置しなければなりません(こういった事前の打ち合わせは病院の専門スタッフが担当します)。

 これだけで9席分程度のチケット代金。さらに医師や看護師の分の席も確保し、酸素やバイタルサインのモニタ、点滴などを持ち込みますから、かなりの費用になります。もし、一般の旅客機に乗れずチャーター機を使っての搬送となれば、保険でカバーされるにせよ、さらに莫大な金額になります。ですから私は、旅行中の患者で海外旅行保険に入っていない方を見つけたら、「入ったほうがいいですよ」とお勧めしています。

著者プロフィール

寺川 偉温

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

2002年、浜松医科大学医学部を卒業し、同第一内科入局。聖隷三方原病院で内科研修後、焼津市立総合病院で消化器内科として勤務。2009年より現職。「週末はもっぱら子どもと遊んでいます。毎日暑いのに海が近くにないのが、ホーチミンの難点です」


寺川 瑠奈

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン小児科医

2003年、浜松医科大学を卒業し、同小児科入局。浜松医科大学医学部附属病院小児科、NICUを経て、社会保険浜松病院、榛原総合病院、焼津市立総合病院で小児科医として勤務。2009年より現職。第2子はベトナムで出産。好きなことは、旅行、散策、ヨガ、買い物、読書、子どもと遊ぶこと。「特に、甘いベトナムコーヒーはやめられません」

この記事を読んでいる人におすすめ