日経メディカルのロゴ画像

「調子が悪くなったら日本に帰る」なんて甘い!

2012/07/26
寺川偉温・瑠奈

写真1 ちょっと分かりにくいかもしれませんが、お菓子のパッケージ内の空気が機内で膨張している状態です。腸閉塞がある場合、腸がさらに膨らむことも…。

 「ベトナムってどこにあるの?」と聞かれて、よく分らない人も結構いるのではないかと思います。日本からは意外と近く、フライトは約6時間。ハワイへ飛ぶより早く着きます。

想像以上に過酷な機内の環境
 ベトナムの医療の状況は、決して恵まれているわけではありません。そのため、こちらで暮らしている日本人には、「近いから、調子が悪くなったら日本に帰ればいいや」と考えている人が結構います。ところが、そう簡単にはいきません。

 一番の障壁となるのは、飛行機内の環境です。健康な人にとっては、食事は出るし映画も見放題の楽しいフライトですが、病気を抱える人には過酷な環境になります。

 まず気圧が問題になります。高度3万3000フィート(約1万m)の気圧は地上のおよそ5分の1です。機内では気圧調整をしていますが、それでも地上より低い0.8気圧(標高2000~2500mの山の上と同じくらい)となっています。そのせいで機内では空気が膨張します。持ち込んだお菓子の袋などが上空でパンパンに膨らんでいるのを見たことがあるかもしれませんが(写真1)、それと同じことが体にも起こるのです。もし、腸閉塞のある人が空を飛んだらどうなるでしょう。ただでさえ拡張している腸が、さらに膨らむわけですから…。

 ほかにも気圧に敏感な部位があります。それは耳です。内耳は細い耳管を通して鼻腔とつながっていますが、かぜをひいたりしていると、耳管に炎症が波及して管が詰まってしまいます。すると、耳抜きができず気圧の変化に対応できなくなります。

著者プロフィール

寺川 偉温

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

2002年、浜松医科大学医学部を卒業し、同第一内科入局。聖隷三方原病院で内科研修後、焼津市立総合病院で消化器内科として勤務。2009年より現職。「週末はもっぱら子どもと遊んでいます。毎日暑いのに海が近くにないのが、ホーチミンの難点です」


寺川 瑠奈

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン小児科医

2003年、浜松医科大学を卒業し、同小児科入局。浜松医科大学医学部附属病院小児科、NICUを経て、社会保険浜松病院、榛原総合病院、焼津市立総合病院で小児科医として勤務。2009年より現職。第2子はベトナムで出産。好きなことは、旅行、散策、ヨガ、買い物、読書、子どもと遊ぶこと。「特に、甘いベトナムコーヒーはやめられません」

この記事を読んでいる人におすすめ