日経メディカルのロゴ画像

ベッド稼働率200%! カオスの中の大病院

2011/12/28
寺川偉温・瑠奈

ベトナムの病院では、1つのベッドを2人で使うのは当たり前です。

 なぜ、国は豊かにならないといけないのか―。

 インターネット上で見つけた一見単純な質問ですが、意外に奥が深い問いかけのように思われました。ネット上に書かれていた答えは、「(経済的に)豊かになることにより、社会的弱者が救われていくからだ」というもの。日本だとピンとこない方も多いかもしれませんが、まだまだ貧しい国であるベトナムに暮らしている私(偉温)には、とても分かりやすい答えでした。

デポジット(保証金)払えない患者は受診おことわり
 例えば、病気を抱えた患者は明らかに社会的弱者です。日本であれば、まず健康保険があり、医療費が高額になれば高額療養費制度があります。本当に困窮した人であれば生活保護があり、状況に応じて国民の医療や生活を国が助けてくれています。救急外来を受診しても、お金がないからといって治療を受けられずに放り出されることはまずないと思います。

 社会主義国家の(はずの)ベトナムでは、一応、政府管掌の医療保険がありますが、国民皆保険とはなっていません。政府管掌の保険に加入していたとしても自己負担率は高く、抗癌剤治療では6割負担にまでなるようです。また、保険加入者でも受診時にはデポジット(保証金)を支払う必要があり、お金がなければ救急外来も受診できないし、緊急手術が必要な状況でもお金がないと追い返されるということが実際に起こります。

著者プロフィール

寺川 偉温

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

2002年、浜松医科大学医学部を卒業し、同第一内科入局。聖隷三方原病院で内科研修後、焼津市立総合病院で消化器内科として勤務。2009年より現職。「週末はもっぱら子どもと遊んでいます。毎日暑いのに海が近くにないのが、ホーチミンの難点です」


寺川 瑠奈

ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン小児科医

2003年、浜松医科大学を卒業し、同小児科入局。浜松医科大学医学部附属病院小児科、NICUを経て、社会保険浜松病院、榛原総合病院、焼津市立総合病院で小児科医として勤務。2009年より現職。第2子はベトナムで出産。好きなことは、旅行、散策、ヨガ、買い物、読書、子どもと遊ぶこと。「特に、甘いベトナムコーヒーはやめられません」

この記事を読んでいる人におすすめ