日経メディカルのロゴ画像

医学研究からビジネスを立ち上げる方法

2012/10/10
市瀬 史

 医学研究に限らず、大学などの教育機関における研究活動は、一般的にはお金になりません。私が勤務しているマサチューセッツ総合病院(MGH)は、アメリカでも最大の医学研究のメッカです。しかし、そんな場所でも、大方の研究者の収入は臨床医に比べて少なくなります。

 研究資金はどれだけ高額を獲ってきても、研究費用と研究スタッフの給与に消えてしまいます。研究者自身の給与を高くし過ぎると研究資金を圧迫し、研究計画の遂行を妨げますから、多額の給与を取るわけにはいかないというジレンマがあります。

 しかし、中には自分の発見した分子や物質、技術で特許を取り、その知的所有権をもとにビジネスを立ち上げ、このジレンマから抜け出すことに成功する人もいます。金儲けの話のように聞こえるかもしれませんが、発明や発見に対して正当な対価が支払われるのは当然のことで、その対価が次なる発明にもつながります。結果的には医療レベルを進歩させることになり、多くの患者が恩恵を受けます。

 世界中で政府の債務が問題になる中、公的研究資金もだんだん当てにできなくなってきました。自分の特許から得た利益でビジネスを立ち上げてお金を集め、次の研究資金をまかなうという、ビジネスモデルならぬ、新しい研究モデルを考えるべき時期に来ているのかもしれません。

 私は、たまたま一酸化窒素(nitric oxide;NO)吸入療法の研究・ビジネスの黎明期に当たる1990年にMGHの麻酔科に臨床留学する機会を得て、現在に至るまで麻酔科スタッフとして臨床・研究の両面で働いてきました。NO吸入療法低酸素血症で苦しむ多くの新生児の命を救ったと言われています。

 その一方で、 NO吸入療法の特許をもとにNO吸入装置とガスを販売する医療ガス会社が設立され、現在に至るまで利益を生み出すビジネスになっています。今回は、MGHでのNO吸入療法の研究開発を例として、医学研究からビジネスを立ち上げ、命を助ける方法について、裏話を交えてご紹介しようと思います。

病院のバックアップでNO吸入療法の特許を獲得
 NOが生理活性物質であるという発見に対して、1998年のノーベル医学・生理学賞が贈られたことは広く知られています。しかし、生理活性物質として認識される以前は、NOは主に大気汚染物質として研究されていました。NOガスを医療に応用する研究が始まったのは、今から20年ほど前になります。

 1991年、MGHのゼイポール教授(MGHの前麻酔科主任教授、現名誉教授。私のかつてのボス)らは、低濃度のNOを吸入させるとヒツジの肺血圧が選択的に低下することを発見しました[1]。彼らの研究で、NO吸入が体血圧を低下させないこと、肺障害をもたらさないことが確認されました。

 その後の複数のグループによる動物実験や肺疾患患者を対象とした臨床実験、そして3つのプラセボ対照臨床試験の結果、低酸素血症を伴う新生児肺高血圧に対するNO吸入療法は、1999年にアメリカ食品医薬品局(FDA)で、そして2001年には欧州医薬品管理委員会で認可されました。日本での承認はかなり遅れましたが、2008年には薬事承認、そして2010年から保険適用が認められました(商品名アイノフロー吸入用800ppm)。

 さて、話を1991年に戻すと、NO吸入による選択的肺血管拡張作用の発見後、ゼイポール教授たちは、すぐにMGHを通じて用途特許※注)の申請をします。当時からMGHは知的所有権獲得に非常に熱心でしたから、すぐに外部の特許専門の弁護士を通じて特許を獲得しました。ちなみに、その頃まだMGHの麻酔科レジデント1年生だった私は、残念ながらこの特許には全く関与していません。


※注 用途特許(用法特許):既存の化合物に未知の属性を発見して、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かったとき、その用途を対象として与えられる特許。日本においても認められている。ただし、新規性があったとしても、進歩性(既存の化合物の出願時における技術水準から予想できる範囲を超えた進歩)がなければならない。

著者プロフィール

市瀬 史

ハーバード大学医学部教授
/マサチューセッツ総合病院麻酔集中治療科・麻酔医

1988年、東京大学医学部卒業。1990年マサチューセッツ総合病院麻酔科レジデント、同フェロー。1995年、帰国して帝京大学医学部附属市原病院麻酔科講師。1998年に再渡米してハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院麻酔科アシスタント・プロフェッサーを経て、2014年1月より現職。専門分野は心臓麻酔、心筋細胞の生理学、一酸化窒素や硫化水素による細胞保護、敗血症と心肺蘇生の分子生物学、人工冬眠の研究。趣味はスキー・テニス・ゴルフ・読書・映画鑑賞。レオナルド・ディカプリオと「The Departed」で共演しました(エキストラですが)。

この記事を読んでいる人におすすめ