日経メディカルのロゴ画像

「白衣を着た歯車」にならないために今できること

2012/01/05
市瀬 史

Atul Gawande : Better : A Surgeon's Notes on Performance, Picador, 2008.

 前回も書きましたが、私の好きな英語表現の一つに“make a difference”というフレーズがあります。直訳すれば「違いを作り出す」ということになりますが、ニュアンスとしては、「何か大きな仕事をして現状を変える、改革する」という方がぴったりはまると思います。医師・医学者のように高等教育を受けて専門職(profession)に就いた人は、誰もが「(自分の力で)現状を変えたい」という願いを心に秘めているのではないかと思います。

 ところが、現代の医療は言うまでもなく、医師だけでなく看護師、薬剤師、栄養士、事務管理者、研究者、製薬業界のスタッフなど多職種の集合体からなる一大事業です。臨床の世界に限って見ても、内容の高度化・複雑化、情報量の増大につれて、どんなに能力のある医師でも1人が知りうること、できることは相対的に小さくなってきています。

 高騰する医療費をコントロールしようとする政府や保険会社の強い圧力は、医療の内容の隅々にまで及び、医師の医学的な判断だけでは、薬の選択や治療方針すら決められなくなりつつあります。この傾向は世界規模で進んでおり、人口の高齢化と医療の高度化・複雑化により、この先、さらに加速することは間違いありません。これは、臨床に従事している医師ならば、洋の東西を問わず、誰もが感じていることではないでしょうか。

 この状況の中、専門職としての医師のキャリアもステータスも変わらざるを得ません。「赤ひげ」や「Dr.コトー」のように全てを1人でこなせる、いわば全能的な存在として医師が尊敬される時代は終わったのでしょうか。ともすれば、巨大な医療という機械の中の「白衣を着た小さな歯車」の一つのように感じてしまう医師もいるかもしれません。「白衣を着た歯車」になってしまったら、make a differenceもできず、いつでも取り替えがきく部品の一つになってしまいます。

 「それはそれで良し」とする考え方もあります。これからの医療はチーム医療が中心であり、医師も医療という巨大なサービス産業の一部分を支えることで満足しなければならないのかもしれません。「その中で自分にできることをやって、適当に金をもうけて快適に暮らせればいいじゃないか」という、内向きな議論が幅を利かせているようにも見えます。しかし、替えがきく「部品」である限り、いつ何時、よりコストが低く性能が勝る「部品」と取り替えられても文句は言えません。

 私は歯車にはなりたくありません。そのために、今、何ができるでしょうか。

make a differenceのためのアクション - ガワンデ先生のアドバイス
 私が勤務しているマサチューセッツ総合病院と同じハーバード大学医学部の関連病院の一つであるBrigham and Women’s Hospitalに、アトゥール・ガワンデという外科医がいます。この先生が2002年に出版した“Complications : A Surgeon's Notes on an Imperfect Science”という本は、アメリカではベストセラーになりました。日本語にも翻訳されたようですから(『コード・ブルー - 外科研修医救急コール』〔小田嶋由美子訳、医学評論社〕)、ご存知の方もいるかと思います。

 その後、2007年に出版された第2作“Better : A Surgeon's Notes on Performance”もアメリカでは大ベストセラーになりました。この本は、現状をより良いものにしていくために必要な人間の資質、仕事の仕方、考え方を、「医療の現場を例にとって、医師以外の人にも分かりやすく解説した」と絶賛されました。ガワンデ先生に直接聞いたところ、日本の出版社と交渉中だそうですから、邦訳も遠からず出版されるかもしれません。日本の医学生や若い医師たちにも、ぜひ読んでもらいたい1冊です。

著者プロフィール

市瀬 史

ハーバード大学医学部教授
/マサチューセッツ総合病院麻酔集中治療科・麻酔医

1988年、東京大学医学部卒業。1990年マサチューセッツ総合病院麻酔科レジデント、同フェロー。1995年、帰国して帝京大学医学部附属市原病院麻酔科講師。1998年に再渡米してハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院麻酔科アシスタント・プロフェッサーを経て、2014年1月より現職。専門分野は心臓麻酔、心筋細胞の生理学、一酸化窒素や硫化水素による細胞保護、敗血症と心肺蘇生の分子生物学、人工冬眠の研究。趣味はスキー・テニス・ゴルフ・読書・映画鑑賞。レオナルド・ディカプリオと「The Departed」で共演しました(エキストラですが)。

この記事を読んでいる人におすすめ