日経メディカルのロゴ画像

あなたは世界が変化する速度を意識していますか

2010/04/02
市瀬 史

 興味深い統計があります。ある技術が、発明されてから5000万人に使われるようになるまでにかかった時間を比べたものです。それによれば、ラジオは38年、テレビは13年かかっています。ところが、インターネットは4年、iPodは3年、そしてソーシャル・ネットワーキング・サービスのFacebookはわずか2年で5000万人に普及しています。

 この話は、You Tubeに投稿された“Did You Know;Shift Happens”というビデオから抜粋したものです。もともとは2006年にコロラド州のAparahoe High Schoolの職員会議で行なわれたプレゼンテーションがインターネット上に流出したものですが、興味深い統計と推測に満ちています。個々の統計の内容もさることながら、私が一番興味を引かれたのは、世界が変化していく速度そのものです。

オンライン遺伝子検査サービスの登場
 私たちは今、科学技術の進歩が指数関数的に加速する時代に生きています。生命科学も例外ではありません。ジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックが、デオキシリボ核酸(DNA)の二重らせん構造に遺伝情報が隠されていることを発見したのは1953年です。その後の研究で、人間のDNAは30億の塩基対からできていることが分かりました。

 そして、1990年に始まったヒトゲノムプロジェクトでは、13年の歳月と30億ドル以上の経費をかけて、人間のゲノムのすべての塩基配列を解読するのに成功しました。ワトソンとクリックがDNAを発見してから、その塩基配列がすべて解読されるまでに、ちょうど50年かかったことになります。しかし、その後の技術的進歩によって、2007年には1人の人間の全ゲノム解読のコストが3000分の1の100万ドルに、2008年3月の時点では6万ドルになりました。2008年の終わりには、すべての塩基配列の解読を5000ドルで24時間以内にできるまでになったのです。

 その結果、昨年末には既にいくつもの一般消費者向けオンライン遺伝子検査サービスが利用できるようになっています。例えば、アメリカのベンチャー企業Navigenics社(カリフォルニア州Foster City)では、オンラインで申し込んでから7日で検査キットが到着し、唾液サンプルを送り返して11日後、パスワードで保護されたウェブサイトで結果が見られるようになるそうです。999ドルの費用で、脳動脈瘤をはじめとする28の疾患にかかるリスクの有無を分かりやすく説明してくれます(2010年3月現在)。

 Googleも出資している23andMe社(カリフォルニア州Mountain View)では、499ドルで51の疾患に対するリスクを検出するだけでなく、同社で遺伝子検査をした人の中から、自分と似た遺伝子型を持つ、いわば遠い親戚を“紹介”してくれるそうです。遺伝子型の近い者同士、ソーシャル・ネットワークを作ってゲノムや家族歴を比較することもできます(2010年3月現在)。なお、ここで紹介したサービス内容も、猛スピードで変化していくものと思われます。2010年は、分子生物学や遺伝子工学の進歩がコンピューターサイエンスの進歩と融合した記念すべき年になるかもしれません。

著者プロフィール

市瀬 史

ハーバード大学医学部教授
/マサチューセッツ総合病院麻酔集中治療科・麻酔医

1988年、東京大学医学部卒業。1990年マサチューセッツ総合病院麻酔科レジデント、同フェロー。1995年、帰国して帝京大学医学部附属市原病院麻酔科講師。1998年に再渡米してハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院麻酔科アシスタント・プロフェッサーを経て、2014年1月より現職。専門分野は心臓麻酔、心筋細胞の生理学、一酸化窒素や硫化水素による細胞保護、敗血症と心肺蘇生の分子生物学、人工冬眠の研究。趣味はスキー・テニス・ゴルフ・読書・映画鑑賞。レオナルド・ディカプリオと「The Departed」で共演しました(エキストラですが)。

この記事を読んでいる人におすすめ