日経メディカルのロゴ画像

画像検査を断るのが画像診断医の仕事?

2013/03/21
林大地

 イギリスのNHSnational health service)の財政が逼迫していることは、これまでの連載で書いてきた通りです。これに関連して、前回は医療通訳・翻訳サービスについて紹介しました。今日の医療において、ほかに医療費を圧迫するものと言えば、画像検査が挙げられます。

 画像検査のコストは地域や病院、検査する部位によって変わるようですが、一般的には最も低額な単純X線写真が50~70ポンド(約7240~1万130円)、CT(1カ所の検査部位)が300~600ポンド(約4万3440~8万6880円)、MRI(1カ所の検査部位)が250~900ポンド(約3万6200~13万320円)程度するようです[1]()。NHSの医療では患者負担額がゼロなので、本来高額なCTやMRIは本当に必要な場合でないと検査させてくれません。

 ちなみに、日本の診療報酬体系(2012年4月改定版)によると、胸部単純X線写真1枚にかかるコストは2800円(うち、患者負担3割の場合〔以下同〕で840円)、頭部CT(造影なし)1回1万7000円(患者負担5100円)、頭部MRI(造影なし)1回2万800円(患者負担6240円)となります。これらの額は撮影機器の種類や撮影施設、読影者の資格などによって複雑に定められているので、あくまでも参考程度の数字ですが、イギリスよりも全体的に安価に画像検査が行える印象を受けます。

“order”は禁句、できるのは“request”
 私がキングス・カレッジ・ロンドン病院で外科研修医だった頃、ものすごく苦労したことの一つが「画像診断医を説得して緊急画像検査を撮像してもらう」ことでした。

 研修を始めて間もないある日、救急外来に右下腹部痛で来院した患者を指導医と共に診察しました。病歴や臨床所見、血液データなどから急性虫垂炎を疑い、すぐに腹部造影CTを撮ろうということに。初期研修医だった私の仕事は、紙の緊急CT依頼票を持って画像診断部まで足を運び、読影室にいる緊急検査担当の画像診断専門医に緊急CTを直接お願いすることでした。

 このときの私の依頼の一言は、“I would like to order an urgent abdominal CT,please.

 すると、すかさず返って来たのが、“You do not order a CT.You can only make a request for it,and I decide whether it should be done or not!” 強い口調で怒られてしまいました。

 ここで解説を加えると、“order a CT”という言い回しは、日本語に訳せば「CT検査を注文する」となります。これだと「出前でラーメンを1杯注文する」のと同じ感覚で、CT検査を行うかどうかの重要な臨床判断を私(初期研修医)が下し、画像診断医は注文を承るだけの役割ということになります。すなわち、画像診断医を見下した言い回しと解釈され、怒りを買ってしまったのです。

 イギリスでの正しい表現は“request a CT”(CT検査を依頼する)。このときに鮮烈に学びました。外科研修医である私は「CT検査をしていただけるかどうかのお伺いを立てること」しかできず、検査を行うかどうかの最終判断は画像診断医に委ねなければならないのです。

拒否が前提? 承諾が前提?
 もっとも、仮に私が大ベテランの外科専門医であったとしても、画像診断医の対応は全く変わりません。「外科勤務歴20年の私が言うのだから間違いない、絶対必要だからCTを撮ってくれ」と威圧的に言ったところで、画像診断医は決して首を縦には振りません。

 基本的に「緊急画像検査依頼は拒否されることが前提」なのですが、そこにはあくまでも「撮影した画像は全て画像診断医が即座に読影してレポートを作成しなければならない」という背景があります。おそらく明らかな病的所見が得られない、あるいは画像所見が患者の治療方針に影響を与える可能性がないケースまで依頼を受けてしまうと、それらの検査・読影に時間を取られてしまい、本当に必要な緊急検査への対応が遅れてしまいます。


 NHSが公表しているデータが見つからなかったため、プライベート医療における全額自費負担検査のコスト(撮影料+読影料)をもとにして算出した推定額。

著者プロフィール

林 大地

ボストン大学放射線科リサーチインストラクター

東京都生まれ。慶應義塾高校、慶應義塾大学文学部(中退)を経て、19歳で渡英。現地の高等学校課程修了後、1998年キングス・カレッジ・ロンドン医学部入学。01年基礎医学・放射線科学科学士号取得、04年同医学部卒業。同医学部附属病院にて初期臨床研修修了後、ケント州メドウェイ病院勤務を経て帰国。06年より東京慈恵会医科大学大学院博士課程。07年日本の医師国家試験合格。慈恵医大病院初期研修修了後、同大放射線医学講座リサーチレジデントを経て、09年9月よりボストン大学勤務。関心があるのは、「患者中心の医療」「患者中心の医学教育」。趣味はクラシックギター、野球、クリケット、料理、娘と遊ぶこと。

この記事を読んでいる人におすすめ