日経メディカルのロゴ画像

医療通訳は税金の無駄遣い?

2012/12/13
林大地

 「Dr. ハヤシ、次の患者さんは英語を話さないので、息子さんが通訳のため同伴してくれます」と、受付係が笑顔で私に言いました。「新患者」と書かれた患者ファイルには、白紙のカルテがペラッと1枚差し込んであるだけでした。すぐにドアをノックする音がして、黒人の男性2人が部屋に案内されてきました。患者のアブドゥルさん(65歳)と、息子のモハメドさん。2人とも2mはあろうかという大男です。

 お互いに自己紹介をすると、息子さんがカタコトの英語でもって、アブドゥルさんはアフリカのソマリアから合法的な難民として移住してきたばかりで、今回初めてかかりつけ医(general practitionerGP)の登録をしたこと、本人は英語が全く分からないことを教えてくれました。言葉が通じない上、ソマリアから移住してきたばかりで過去の情報は一切ない高齢者という、難易度のかなり高い患者を目の前にして、私はどこから手をつけていいのか分からず、途方に暮れてしまいました…。

 私が卒業したキングス・カレッジ・ロンドン医学部では、最終学年になると「見習いドクター」(student doctor)として、外科病棟、内科病棟、GPのクリニックでそれぞれ3カ月にわたる実習を行います。今回は、ロンドン南東部の町ルイシャム(Lewisham)にあるクリニックでGP実習をしたときのエピソードをご紹介します。

カタコトの“通訳”で、問診はできたのか?
 ルイシャムは外国からの移民が多い街で、「人種のるつぼ」という表現が当てはまります。人口約27万人のうち白人の割合は59%に過ぎず、黒人の割合は30%に上ります(図1)[1]。ソマリア人のアブドゥルさんは、図中のBlack Africanに当たります。人種構成が多様なため、使われている言語も様々。ルイシャムの住民のうちで母国語として使う人数の多い(英語以外の)言語は、1位から順に、フランス語、ヨルバ語、タミル語、ソマリア語、トルコ語となっています。ちなみに、日本語は48位です [1]。

 GPの初診では、患者から特に気になる症状などの訴えがない場合は、過去の病歴を取り、全身を一通りくまなく診察します。また、血圧、BMI、血糖値測定、尿・血液検査、チャートを用いた視力検査および音叉を用いた聴力検査を行い、発見できる異常がないかスクリーニングを行います。ソマリアのような開発途上国から来た患者の場合は、結核のスクリーニングもする必要があるので、胸部X線撮影およびツベルクリン反応のテストもします。もし、治療中の疾患があれば、内服している薬剤の詳細を聴取します。

 これがイギリス国内の引っ越しによるGP登録変更ならば、引っ越し前に登録していたGPからカルテを取り寄せることで、たいていの必要な情報は手に入ります。しかし、ソマリアからの難民であるアブドゥルさんの場合、それは不可能です。

 息子さんの通訳による問診を試みましたが、いかんせん息子さんも英語が流暢ではありません。どこまで正確にアブドゥルさんと意思疎通できているか、分からないままでした。現時点で自覚症状はないとのことでしたが、どうやら祖国では高血圧の治療薬を内服していたようです。しかし、薬剤の名前は覚えておらず、移住してからまもなく、処方薬も底を突いてしまったそうです。

著者プロフィール

林 大地

ボストン大学放射線科リサーチインストラクター

東京都生まれ。慶應義塾高校、慶應義塾大学文学部(中退)を経て、19歳で渡英。現地の高等学校課程修了後、1998年キングス・カレッジ・ロンドン医学部入学。01年基礎医学・放射線科学科学士号取得、04年同医学部卒業。同医学部附属病院にて初期臨床研修修了後、ケント州メドウェイ病院勤務を経て帰国。06年より東京慈恵会医科大学大学院博士課程。07年日本の医師国家試験合格。慈恵医大病院初期研修修了後、同大放射線医学講座リサーチレジデントを経て、09年9月よりボストン大学勤務。関心があるのは、「患者中心の医療」「患者中心の医学教育」。趣味はクラシックギター、野球、クリケット、料理、娘と遊ぶこと。

この記事を読んでいる人におすすめ