日経メディカルのロゴ画像

医師たる者、「労働者階級の言葉」を使うべからず
でも、分からなければ診療できない

2012/10/22
林大地

 あるとき、交通事故で運ばれて来た50歳の白人男性の担当になりました。この男性はバスの運転手でした。シートベルトをせずに仕事でバスを運転していたところ、複数台による玉突き事故に巻き込まれたとのことでした。

 “Do you have any pain?”という私の質問に対する答えは、「アーイ、ドック、ミゴッパインアールオゥヴァミネックエンベック」。一度聞いただけではよく分からず、再度繰り返してもらいましたが、それでも分かりません。

 さらに聞き返したところ、患者はいらだちを隠そうともせず、「パイン・イン・ミ・ネック・エン・ベック!」と声を荒げながら、首と背中を両手でたたきました。なるほど、“Yes doctor,I've got pain all over my neck and back.”と言っていたのかと、そこでようやく分かりました。

労働者階級の患者が話す英語は聞き取りにくい
 私が研修医として勤務していたキングス・カレッジ・ロンドンは、ロンドン南部の町デンマーク・ヒル(Denmark Hill)という場所にありました。ロンドンの中でも特に社会経済的地位(socioeconomic statusSES)が低い人たちが多く住んでいる地域でした。これらの人々は、イギリスでは俗に「労働者階級」と呼ばれています。具体的には、低賃金の肉体労働に従事する人々のことで、例えば工場や工事現場の日雇い作業員、バスやトラックの運転手、清掃作業員などを指します。

 最近の統計では、デンマーク・ヒルを含むサザック(Southwark)地区には26万9000人の住民がいますが[1]、失業率は約12%に上ります。これはロンドン市の32地区中ワースト4位で、全英の失業率約8%の1.5倍 [2]です(2009~2011年のデータ)。職に就いている人の約20%は“London living wage”(*注)以下の賃金しか得ていません[3]。そして、この地区の就労可能な成人(16歳以上65歳以下)の約13%は、何らかの慢性疾患を抱えています[4]。

 全国規模のデータによれば、低所得者層は全国平均以上の年収を得ている人々に比べて病気になりやすいことが明らかになっています(表1)[5]。その傾向を反映するように、私が外科および整形外科の初期研修医として担当した多くの患者は、SESの低い人たちでした。「誰でも無料で医療が受けられるNHSnational health service)」で働く医師ならではの経験でしたが、そのとき特に困ったことが一つありました。冒頭のバス運転手のように、彼らの話す英語が独特のアクセントを持っていて、非常に聞き取りにくいものだったということです。

著者プロフィール

林 大地

ボストン大学放射線科リサーチインストラクター

東京都生まれ。慶應義塾高校、慶應義塾大学文学部(中退)を経て、19歳で渡英。現地の高等学校課程修了後、1998年キングス・カレッジ・ロンドン医学部入学。01年基礎医学・放射線科学科学士号取得、04年同医学部卒業。同医学部附属病院にて初期臨床研修修了後、ケント州メドウェイ病院勤務を経て帰国。06年より東京慈恵会医科大学大学院博士課程。07年日本の医師国家試験合格。慈恵医大病院初期研修修了後、同大放射線医学講座リサーチレジデントを経て、09年9月よりボストン大学勤務。関心があるのは、「患者中心の医療」「患者中心の医学教育」。趣味はクラシックギター、野球、クリケット、料理、娘と遊ぶこと。

この記事を読んでいる人におすすめ