日経メディカルのロゴ画像

「面接なし、経費ゼロ」の研修医マッチング

2012/02/22
林大地

筆者が初期研修を行ったキングス・カレッジ・ロンドン病院整形外科では、初期研修医が執刀医になる機会は皆無でした。イギリス国内屈指のこの大学病院には、全国から専門医トレーニングを積むために後期研修医が集まってきます。彼らにとって重要なオペ経験の場となるので、初期研修医にオペをさせてくれないのもやむを得ない状況でした。必然的に、ここでの私の仕事は病棟での患者管理がほぼ100%を占めました。

 イギリスの医学生はどのようにして卒後のポストを得るのでしょうか? 実は、日本やアメリカと同様に「マッチング」で就職先が決まります。私は実際にイギリス、日本、アメリカの3国で研修医マッチングに参加して卒後研修プログラムに応募し、仕事を得るという体験をしてきました。そこで今回は、イギリスの研修医マッチングシステムについて書いてみたいと思います。

外科志望なら市中病院
 イギリスで研修医マッチングに参加したのは、医学部最終学年の2004年1月でした。初期研修医の仕事は卒業年の8月1日から始まるので、1月末までにマッチングの申し込みを行う必要がありました。私の学年までは、卒後すぐの1年間で必修初期研修(内科系6カ月+外科系6カ月)を行い、その後に自分の希望科の専門トレーニングに進むという制度でした。

 ロンドンおよびその周辺地域での研修を希望する場合、ロンドン市内の大学病院で研修を行えるのは1年間のうち6カ月という制約があり、残りの6カ月はロンドン近郊あるいは離れた地域にある市中病院(district general hospital;DGH/直訳すると「地域総合病院」)での研修を義務付けられていました。あるいは、1年間通して市中病院での研修をすることも可能でした(※1)。

 大学病院と市中病院では、初期研修の内容が大きく異なります。例えば、ロンドン市内の大学病院であるキングス・カレッジ・ロンドン病院の場合、外科の初期研修医が執刀医になれる機会はほとんどなく、あっても簡単な鼠径ヘルニアの手術を“記念”に1件やらせてもらえればいい方です。

 ところが市中病院に行けば、鼠径ヘルニアや下肢静脈瘤、小さな皮下腫瘤の手術などは、上級医の指導の下で日常的に執刀させてもらえます。そのため、初期研修後に外科に進む意向がある同級生たちは、好んで市中病院での研修を選択していました。ちなみに、私は特に外科志望ではなかったせいもあり、キングス・カレッジ・ロンドン病院下部消化管外科および整形外科での研修中は、手術助手としてオペに数件参加したものの、執刀医になった症例は0件でした。

 1学年に400人も学生がいるキングス・カレッジ・ロンドン医学部ですが、ロンドン市内南東部地区および、イギリス南東部のケント、サリー、サセックスの各州にあるほぼ全てのNHSnational health service)関連病院(計30病院)と提携していて、全ての卒業生が研修を行えるだけの研修医ポストの数をこのエリアで確保していました。2007年のデータでは660ポスト[1]。キングス・カレッジ・ロンドンの学生だけで全てを埋めることは不可能なので、他の医学校の卒業生も採用されます。

 しかし、人気のある病院(例えば、ロンドン市内の聖トーマス病院やキングス・カレッジ・ロンドン病院)に就職するには、激しい競争を勝ち抜かねばなりませんでした。その競争の場となるのが研修医マッチングシステムだったのです。具体的な競争率は発表されていないので不明ですが、当時の話では、医学校の成績上位25%以内であれば、確実にロンドン市内の病院のポストにマッチできたようです。

著者プロフィール

林 大地

ボストン大学放射線科リサーチインストラクター

東京都生まれ。慶應義塾高校、慶應義塾大学文学部(中退)を経て、19歳で渡英。現地の高等学校課程修了後、1998年キングス・カレッジ・ロンドン医学部入学。01年基礎医学・放射線科学科学士号取得、04年同医学部卒業。同医学部附属病院にて初期臨床研修修了後、ケント州メドウェイ病院勤務を経て帰国。06年より東京慈恵会医科大学大学院博士課程。07年日本の医師国家試験合格。慈恵医大病院初期研修修了後、同大放射線医学講座リサーチレジデントを経て、09年9月よりボストン大学勤務。関心があるのは、「患者中心の医療」「患者中心の医学教育」。趣味はクラシックギター、野球、クリケット、料理、娘と遊ぶこと。

この記事を読んでいる人におすすめ