日経メディカルのロゴ画像

「子どもの死」の最も近くにある仕事

2013/06/28
川口敦

 読者の皆さんは「死」についてどのくらい興味をお持ちでしょうか?

 とんでもない質問で始まりましたが、今回は子どもの「死」についてお話ししてみたいと思います。

看取りのコーディネートも小児集中治療医の大事な務め
 在宅での看取り、あるいはより患者の希望に沿ったかたちでの終末期医療というものが、学会はもちろん、一般メディアでもよく話題に上るようになった昨今です。意識が進んだ欧米諸国では、これらはすでに当たり前のことのように提供されていると思われるかもしれません。しかし、実際の現場では多くの医療者が悩み、常に葛藤の中にいるのです。

 子どもの場合、PICU(小児集中治療室)で8割以上が看取られているというデータがあります。一般的なPICUでの死亡率は約5%と言われているので、年間1000人の入室があるPICUでは年に50人、週に1人は看取られていることになります。救急室や院外から搬送されて緊急入室し、心肺機能が回復せずそのまま看取りとなるケースや、神経学的な予後が悪い、あるいは回復を見込めない疾患の場合に、いわゆるwithdrawal(施行中の強心薬や人工呼吸器などlife supportの中止)を行って看取るケースなど様々です。

 この看取りという行為は、どれだけ経験しても心が痛むものです。一方で、週に1人、2人と看取っているわけですから、多少は「慣れ」も出てきます。また、PICUの場合、患児と出会ってから看取るまでの時間は、病棟や外来での長い付き合いがないので非常に短く、重症患児とはまずまともな会話もできません。そのため、十分な感情移入は難しいとも言えるかもしれません。

 患児を看取ることが決まると、猛烈に慌ただしくなります。まずは患児を仕切りのあるスペース、あるいは静かな個室へ移動させます。家族の希望があれば、室外(病院の庭や屋上など)へ移すこともあります。また、PICUを家族へ開放し、兄弟をケアする態勢を整えなければなりません。家族のみ、両親のみの時間を作るように心がけ、家族に余計な心労を与えないため、バイタルのモニター類が目に入らないよう向きを変えます。だっこや添い寝など、家族が希望するふれ合いの機会も可能な限り提供します。必要であれば宗教儀式などの機会を持ってもらうことも考えます。

 カナダは「宗教の博物館」とも言えるような国で、イスラム、仏教、キリスト教などの様々な宗派、さらにはファーストネーション(先住民)の独特な儀式などを日常的に目にします。先日も「どこかでボンボンと太鼓の音が鳴っている?」と思ったら、父親がベッドサイドで呪文のようなものを唱えながら子どもに向かってお祈りをしていました。そうかと思うと、隣の部屋ではおばさんが孫に手をかざしながらイスラムのお経を唱えているといった具合です。人目をはばからず、堂々と心置きなくお祈りできる、そういう雰囲気作りも大切にしています。

 これらのことについて随時説明をしながら、医師とソーシャルワーカーが中心となってコーディネートしていくのです。

看取りの後、医療者も互いの思いを打ち明ける
 患者が亡くなった後の時間は、医療従事者にとってもつらいものです。ただ、多くの患者に次々と対応しなければならず、自宅に帰れば自分の家族もいるわけで、悲しみに沈んでいる時間も場所もありません。そうして働いているうちに、暗い気持ちをため込んでしまうスタッフもいるでしょう。

 そこで、大事になるのが「デブリーフィング」。日本でもしばしば耳にするようになりましたが、患者の死に際して胸の内を打ち明けることのできる機会を積極的に作るようにしています。私たちの職場では、同僚間でのデブリーフィングのほか、亡くなってから1~2週間後に「メモリアルセレモニー」という催しを開いています。

著者プロフィール

川口 敦

アルバータ大学(Stollery Children's Hospital)小児集中治療クリニカルアシスタント 同大学公衆衛生大学院博士課程疫学専攻

大阪生まれの奈良育ち。2003年大阪大学医学部卒業。神戸市立中央市民病院(現・神戸市立医療センター中央市民病院)にて小児科、ER、麻酔などの初期研修、倉敷中央病院にて小児科専門後期研修。2007年から静岡県立こども病院に勤務し、小児集中治療科(PICU)の立ち上げメンバーの1人となった。2011年春より現職。PICUにおけるQuality Improvement、特に人工心肺、終末期/移植医療に関心がある。趣味はウインタースポーツと旅行。学生時代は「医学生というより、スキー好きのバックパッカーでした」。

この記事を読んでいる人におすすめ