日経メディカルのロゴ画像

専門医の数を絞る、カナダの小児集中治療

2012/04/26
川口敦

 皆さん、こんにちは。北米最北の100万人都市、カナダのエドモントンにあるアルバータ大学Stollery Children’s Hospital)で小児集中治療のクリニカルフェローをしている川口敦です。この連載では、カナダにおける小児医療、特に小児救急や小児集中治療についての様々な話題を、現地の実情と私自身の経験を交えながら紹介していきたいと思っています。

 私の詳しい「自己紹介」は後回しにして、今回はカナダにおける小児集中治療分野の医師雇用とフェローシップ・プログラムの状況についてご紹介します。

毎年5~15人の小児集中治療専門医が誕生
 夜中の2時、モニターのアラームが鳴り響きました。先天性心疾患術後の2歳児の血圧がフラフラしているようです。所見を取り、心雑音を確認し、モニターをにらみ付け、看護師や呼吸療法士の声に耳を傾け、血液ガスや尿量にも気を配ります。血液ガスの目標値を再度確認し、血管作動薬をほんの少し増量し、鎮静薬の投与量を調節して、ほっと一息…も束の間。

 横のベッドでは、隣の州から2時間の航空搬送を経て先ほど到着したばかりの患児が痙攣を始めました。頭蓋内出血を来した上、肺動脈内の血栓と肺膿瘍を併発しており、管理には慎重を極めます。神経科、放射線科、循環器科、心臓血管外科、血栓症専門チーム、そして患児の最大の理解者である両親に連絡を入れ、それぞれの病態へのアプローチについて意見をもらい、治療指示を出していきます。

 集中治療、しかも小児となると、いったいどんなことをしているのか、どんな専門性を持っているのかと思われるかもしれません。大ざっぱに言うと、小児集中治療専門医は、外傷や内科疾患、心疾患を含む術後などの重篤な状態にある子どもたちの全身管理を専門とします。特に「得意技」はないけれど、目の前に重症の子どもがいると燃えてしまう。そんな姿をイメージしてもらえばいいと思います。

 日本ではまだあまり聞き慣れないかもしれませんが、北米を中心に小児集中治療の専門性は早くから認められ、既に多くの国で専門医制度が確立しています。

 カナダでは現在7つの大学が正式な小児集中治療フェローシップ・プログラムを持ち、レジデンシーを修了した医師を雇用し、教育しています。Royal College※1)が認める小児集中治療専門医の資格を取得するためには、最低2年間の正式プログラムを修了し、記述式の専門医試験に合格しなければなりません[1]。

 専門医制度自体が比較的新しく、正確なデータはまだ整備されていないのですが、カナダ国内の小児集中治療室(PICU)でスタッフとして働いている小児集中治療専門医は、おおよそ85人前後になると思われます。また、統計上は全国で毎年5~15人の小児集中治療専門医専門医が生まれていることになります。

 「えっ? 本当にそんなに少ないのか」って? 確かに、こんなに少なくて専門医は足りているのでしょうか。


著者プロフィール

川口 敦

アルバータ大学(Stollery Children's Hospital)小児集中治療クリニカルアシスタント 同大学公衆衛生大学院博士課程疫学専攻

大阪生まれの奈良育ち。2003年大阪大学医学部卒業。神戸市立中央市民病院(現・神戸市立医療センター中央市民病院)にて小児科、ER、麻酔などの初期研修、倉敷中央病院にて小児科専門後期研修。2007年から静岡県立こども病院に勤務し、小児集中治療科(PICU)の立ち上げメンバーの1人となった。2011年春より現職。PICUにおけるQuality Improvement、特に人工心肺、終末期/移植医療に関心がある。趣味はウインタースポーツと旅行。学生時代は「医学生というより、スキー好きのバックパッカーでした」。

この記事を読んでいる人におすすめ