日経メディカルのロゴ画像

イベルメクチン論文は捏造? プレプリントの闇

2021/07/19
倉原優(近畿中央呼吸器センター)

 2021年7月15日に、Nick Brown氏のブログで興味深い記事が公開されました。彼は数字から科学的詐欺を暴くプロですが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するイベルメクチンの論文が捏造(ねつぞう)ではないかと指摘したのです。

■Some problems in the dataset of a large study of Ivermectin for the treatment of Covid-19(Nick Brown's blog )

 問題となった論文は、Research Squareというプレプリントサーバーにある以下のものです。

■Elgazzar, A, et al. Efficacy and safety of Ivermectin for treatment and prophylaxis of COVID-19 pandemic. Research Square, 100956.

 論文は捏造を指摘され、既にResearch Squareによって撤回されています(上記は、撤回される前のバージョン3にリンクを貼っています)。プレプリントとは、正式な論文として発表される前段階の草稿のことを指し、これを掲載しているウェブサイトをプレプリントサーバーと言います。

著者プロフィール

倉原優(国立病院機構近畿中央呼吸器センター呼吸器内科)●くらはら ゆう氏。2006年滋賀医大卒。洛和会音羽病院を経て08年から現職。08年から始めた自身のブログ「呼吸器内科医」をベースにした書籍『「寄り道」呼吸器診療-呼吸器科医が悩む疑問とエビデンス-』を、2013年に刊行した。

連載の紹介

倉原優の「こちら呼吸器病棟」
倉原氏は、呼吸器病棟で活躍する医師。日々の診療や、患者さん・他の医療スタッフとのやりとりを通して倉原氏が感じたことを、呼吸器領域ならではのtipsを交えて語ります。呼吸器診療の息遣いが垣間見えるブログです。

この記事を読んでいる人におすすめ