日経メディカルのロゴ画像

オルベスコが消えた日

2020/04/17
倉原優(近畿中央呼吸器センター)

 皆さん、覚えていらっしゃるでしょうか。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して、シクレソニド(商品名オルベスコ)がウイルス増殖抑制効果を持つかもしれないという症例報告が3月2日に日本感染症学会のウェブサイトに掲載され、その後ニュースやテレビでも紹介されたことを。

 私は当時、他の吸入ステロイドとは異なり、シクレソニドがin vitroでロピナビル(リトナビルとの合剤でHIV感染症治療薬の「カレトラ配合錠」として販売中)と同等のウイルス増殖抑制作用があるという情報を知っていましたが、巷であれほど話題になるとは夢にも思いませんでした。

著者プロフィール

倉原優(国立病院機構近畿中央呼吸器センター呼吸器内科)●くらはら ゆう氏。2006年滋賀医大卒。洛和会音羽病院を経て08年から現職。08年から始めた自身のブログ「呼吸器内科医」をベースにした書籍『「寄り道」呼吸器診療-呼吸器科医が悩む疑問とエビデンス-』を、2013年に刊行した。

連載の紹介

倉原優の「こちら呼吸器病棟」
倉原氏は、呼吸器病棟で活躍する若手医師。日々の診療や、患者さん・他の医療スタッフとのやりとりを通して倉原氏が感じたことを、呼吸器領域ならではのtipsを交えて語ります。呼吸器診療の息遣いが垣間見えるブログです。

この記事を読んでいる人におすすめ