救急車で搬送されてきた患者さんに対して、私は全員に聴診器を当てています。そこで呼吸音が聴こえずにSpO2が低下していると、身構えてしまいます。SpO2が明らかに低下している患者さんや強い呼吸困難感を訴えている患者さんが「呼吸音が聴こえない」とき、緊張性気胸、無気肺、大量胸水を来している可能性があるからです。

呼吸音が聴こえない!COPD患者の肋骨マジックの画像

ログインして全文を読む