気管支鏡を挿入するときは、ほぼ全例で声帯の観察を行います。「ほぼ」と書いたのは、永久気管孔がある場合など、一部の例外があるからです。永久気管孔がある場合、気管孔に直接、気管支鏡を入れることになります。

気管支鏡にファイティングポーズを取る声帯の画像

ログインして全文を読む