日経メディカルのロゴ画像

治療のために庭の木を切り倒した患者さん

2014/07/25

 慢性過敏性肺炎という疾患があります。一般的に過敏性肺炎といえば亜急性の過敏性肺炎を指すことが多いのですが、抗原暴露が長期化すると慢性の病態になってしまうことがあります。胸部CT検査では線維化した肺が観察され、特発性肺線維症と類似の画像所見を呈します。

 慢性過敏性肺炎は抗原の回避をしたとしても肺はかなり線維化していますので、果たして抗原回避によって疾患が治癒へ向かうのかはよくわかっていません。それゆえ、これ以上肺が悪化しないようにするため抗原を回避するという側面の方が強いようです。しかしこの疾患概念には異論も多く、本当にそういった疾患が存在するのかどうか疑問を唱える研究グループもあります。

 慢性過敏性肺炎の原因として「鳥」があります。鳥飼病(とりかいびょう・とりがいびょう)という名前を聞いたことがあるかもしれませんが、これは鳥と接触している患者さんに起こりうる慢性過敏性肺炎の一種です。

 私の患者さんで、慢性過敏性肺炎が強く疑われる男性がいました。職場や家庭環境などを含めてその原因をつぶさに調べましたが、いまいち決め手に欠けるものばかりで、年単位で次第に肺の線維化が進行していきました。その患者さんの家の庭には大きな木があり、そこには毎朝のようにハトやスズメが飛来していました。

 飛来する鳥が肺の線維化の原因である可能性は否定できません。といっても、他の吸入抗原が原因であることも十分考えられますので、鳥を完全に追い払うことはできずにいました。そして、悪化する病状を前にして患者さんの奥さんがとうとう私にこう言いました。

著者プロフィール

倉原優(国立病院機構近畿中央呼吸器センター呼吸器内科)●くらはら ゆう氏。2006年滋賀医大卒。洛和会音羽病院を経て08年から現職。08年から始めた自身のブログ「呼吸器内科医」をベースにした書籍『「寄り道」呼吸器診療-呼吸器科医が悩む疑問とエビデンス-』を、2013年に刊行した。

連載の紹介

倉原優の「こちら呼吸器病棟」
倉原氏は、呼吸器病棟で活躍する若手医師。日々の診療や、患者さん・他の医療スタッフとのやりとりを通して倉原氏が感じたことを、呼吸器領域ならではのtipsを交えて語ります。呼吸器診療の息遣いが垣間見えるブログです。

この記事を読んでいる人におすすめ