日経メディカルのロゴ画像

医師は増員すべき?

2009/07/07

はじめに
 医療崩壊が叫ばれる昨今。これまでの日本の医療政策は、主に、厚生労働省と日本医師会の間の駆け引きを軸に決定されてきました。一方、医療を受ける国民は、その議論には十分に参加できず、蚊帳の外に置かれてきたのが現実です。

 こうなってしまった最大の理由が、医師と、医療を受ける一般国民の“情報の非対称性”にあることは間違いありません。医療は細分化が進み、深い医学的知識と、積み重ねられてきた経験により提供されています。その結果、医師においても、専門分野外については詳しい知識を持っていないという例が珍しくありません。

 私は、医療に関する知識が広く社会に浸透することが、医療崩壊を救う第一歩になると考えています。しかし、“情報の非対称性”が大きな壁として立ちはだかる今のような状況では、日本の医療の将来について、幅広い議論を期待するのがかなり難しいのもまた事実です。

 これまで私は、医療政策の策定や病院経営のお手伝いをしてきました。現在は、大学で教鞭をとるかたわら、医療機関や医療関連ビジネスの経営支援業務に携わり、医療に関する執筆活動も行っています。このブログで私は、医療崩壊の原因とされる様々な問題について自分なりの分析を行い、それに対する、医療関係者と一般の皆さんの双方のご意見をお伺いしたいと思っています。

 現在、日本の医療が抱える様々な問題について幅広い議論ができれば、その中で、“情報の非対称性”の壁も少しずつ崩れていくはずです。そして、その繰り返しが、医療従事者と患者の相互理解を促し、日本の医療と社会を幸せにすると考えています。

 そこで、医療専門サイトである「日経メディカル オンライン」と、医療を受ける立場の読者が多いであろう「日経ビジネスオンライン」の双方で、同じテーマについて考えていただく場を提供しようと考えました。第1回目の今回のテーマは、「医師の数」です。最後までお読みいただき、ぜひ、コメントをお寄せください。また、医師の増員に対する「yes」「no」を、ご投票ください。

 コメントと投票結果については、日経メディカル オンラインと、日経ビジネスオンラインの双方のものを、閲覧できるようにしてあります。コメントや投票結果の違いを参考にしていただきながら、日本の医療の将来について考えていただければ幸いです。

実は、医師数自体は増え続けている
 現在の医療崩壊の元凶は医師不足だといわれています。しかし、医師の数自体は増え続けており、2006年には26万人を超えています。診療所の医師だけでなく、崩壊が顕著といわれる病院でも医師数は増加しています(下図)。

著者プロフィール

木村憲洋(高崎健康福祉大学健康福祉学部医療福祉情報学科准教授)●きむら のりひろ氏。武蔵工業大学工学部機械工学科卒。国立医療・病院管理研究所病院管理専攻科・研究科修了。神尾記念病院などを経て現職。

連載の紹介

木村憲洋の「どうする?日本の医療」
日本の医療が抱える問題の解決策について、一般の方々と議論してみませんか?このブログは、医療を受ける立場の読者が多い「日経ビジネスオンライン(NBO)」でも公開しています。

この記事を読んでいる人におすすめ