日経メディカルのロゴ画像

診療報酬改定のパブコメ募集が始まった

2008/01/21

 1月18日に開催された中央社会保険医療協議会中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、これまでの中医協での議論をまとめた資料「平成20年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」を基にディスカッションが行われた。

 この資料は、16日の同委員会で一度提出され、そこで委員から挙がった意見を追加し、再作成されたもの。これまで中医協で行われた議論を、社会保障審議会医療保険部会/医療部会が策定した「平成20年度診療報酬改定の基本方針」に沿って取りまとめている。

 注目された再診料の引き下げについては、これまでの議論の通り、医師委員が猛反対。支払側から「こちらも血を流している。診療側も血を流していただきたい」との意見も出たが、意見の一致を見ることはなかった。

 また、勤務医の負担軽減を目的に、診療所の夜間診療を評価する件についても、反対意見が続出。医師委員から「患者の利便性を高めることはいいと思うが、ニーズに応じて既に実施している地域もある。財源をつぎ込む優先順位は高くない」「救急隊員の出動回数は意外に日勤帯に多い」「(小児科では)母親への啓蒙などが大切なのではないか」といった意見が出た。

 このほか、外来管理加算に「時間」の目安を設ける件など、診療側と支払側で議論が分かれた点については、両論を併記して整理。同日に開かれた総会で、承認を得て「骨子」が完成した。

 この資料は、既に厚生労働省のホームページで公開されており、現在、パブリックコメントの募集が行われている。1月25日(金曜日)には、前橋市で公聴会が開催されるが、厚労省は「今回は、できるだけ多くの市民の声を紹介する」意向だ。

 パブリックコメントは、中医協に直接意見を言える数少ないチャンス。みなさんも、メールもしくは郵便で意見を投稿してみてはどうだろうか。(和田 紀子=「診療報酬改定2008」特別取材班)

連載の紹介

どうなる?!診療報酬改定2008
後期高齢者医療の診療報酬はどうなるのか?産科や小児科や救急の評価は高まるのか?勤務医の負担軽減策は示されるのか?——注目を集める2008年度診療報酬改定に向けて、今秋から本格化する中医協の審議の模様を、独自取材によりリアルタイムでお届けします。
日経BP「診療報酬改定2008」特別取材班日経BP医療局の専門記者たちが総力を挙げて取材、情報分析します。

この記事を読んでいる人におすすめ