11月14日の中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、「生活習慣病管理料」についての議論が行われた。厚労省は、生活習慣病管理料を算定する医療機関を増やすために、療養計画書の記載内容を簡素化するとともに、生活習慣病管理料の点数を下げることを提案。この通りの方向でまとまることが、ほぼ決定した。

ログインして全文を読む