日経メディカルのロゴ画像

2人の新任中医協委員への期待
札医大OBの中川・西澤両氏、現場知る理論派

2007/10/05

 「OECD諸国との医療費の差を埋めるには、本来なら10%の引き上げが必要だ。少なくとも来年の改定は『プラス』じゃないと」――。日本医師会の中川俊男常任理事は、9月26日の定例記者会見でこう述べました。この中川氏が、診療報酬について審議する厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)の委員に就任しました。任期切れを迎えた5人の診療側委員のうち2人が入れ替わり、中川氏と、西澤寛俊氏(全日本病院協会会長)が新たに委員となったのです。

連載の紹介

どうなる?!診療報酬改定2008
後期高齢者医療の診療報酬はどうなるのか?産科や小児科や救急の評価は高まるのか?勤務医の負担軽減策は示されるのか?——注目を集める2008年度診療報酬改定に向けて、今秋から本格化する中医協の審議の模様を、独自取材によりリアルタイムでお届けします。
日経BP「診療報酬改定2008」特別取材班日経BP医療局の専門記者たちが総力を挙げて取材、情報分析します。

この記事を読んでいる人におすすめ