日経メディカルのロゴ画像

病院運営に協力してくれない医師

2007/05/08

 われわれ医療コンサルタントは多くの場合、それぞれ仕事の得意分野がある。例えば事務長出身であれば診療報酬関連や実務に強い。企業系の出身者は財務や人材管理、施設運営に力を発揮している。しかし、大抵のコンサルタントが様々な場面で一番頭を痛めているのは医師の対応だ。それは、病院運営に協力してくれない医師が多いからである。これはコンサルタントだけではなく、病院経営者の先生方も頭を悩ませている問題だと思うので、今回取り上げる。

連載の紹介

医療コンサルタントKが斬る「医師の常識、非常識」
医療コンサルタントKは、あるコメディカルの国家資格を持つ。その仕事の幅は広く、病院のコンサルテーションやM&A(合併・買収)、医療職の人材紹介、さらには医療・福祉の街づくりのアドバイスまでこなす。そんな彼が仕事上、一番対応に困るのが医師だという。日々の雑感をつづりながら、「医療を良くしたい」との思いから、あえて医師に苦言を呈する。

この記事を読んでいる人におすすめ