日経メディカルのロゴ画像

在宅医療の開拓者が残した「医療界への遺言」

2018/06/29

 京都・西陣の「住民医療」の開拓者として知られる早川一光先生が、6月上旬、94歳の生涯を閉じた。早川先生は「わらじ医者」の愛称で親しまれた。大往生といえようが、早川先生が90歳を過ぎ、癌に罹って発した言葉、「こんなはずじゃなかった」(NHK『ハートネットTV』2016年5月26日放送)は耳の奥にこびり付いている。

 早川先生は、「西陣の路地は病院の廊下や」を合言葉に日本の訪問診療、在宅医療を切りひらき、畳の上での看取りを推奨してきた。その先生自身が患者になって「こんなはずじゃなかった」と悔いた。後世の医療に何を求めておられたのか。そこが気になって仕方ない。

 早川先生が社会医療法人西陣健康会・堀川病院(198床)の前身、白峯診療所に赴任したのは1950年。当時、織物の産地で名高い西陣では、暗くてジメジメした環境での重労働がはびこり、結核の届け出数は京都市全体の約20%を占めていた。西陣機業労働者や日雇い労働者が加入できる健康保険はなく、病気に罹ったら諦めるしかなかったという。

 そのような状況で、西陣の住民たちは互助的な「生活を守る会」を結成する。そして「自分たちの体は自分たちで守ろう」と診療所の開設を思い立つ。約800人の住民の出資で3万8000円の基金が集まり、白峯診療所は開かれた。

 生活を守る会の事務所の半分、10畳ひと間を診療所に充てる。早川先生は、医療の「民主化」を求めて所長に就いた。

著者プロフィール

色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院 地域医療部 地域ケア科医長)●いろひら てつろう氏。東大理科1類を中退し世界を放浪後、京大医学部入学。1998年から2008年まで南相木村国保直営診療所長。08年から現職。

連載の紹介

色平哲郎の「医のふるさと」
今の医療はどこかおかしい。そもそも医療とは何か? 医者とは何? 世界を放浪後、故若月俊一氏に憧れ佐久総合病院の門を叩き、地域医療を実践する異色の医者が、信州の奥山から「医の原点」を問いかけます。

この記事を読んでいる人におすすめ