日経メディカルのロゴ画像

高松丸亀町商店街

2012/08/31

 先日、香川県高松市の「高松丸亀町商店街」を訪ねた。
 四国の商都・高松市には8つの商店街が連なり、すべて隣接している。
 その総延長は2.7キロ。商店街としては日本一長い。
 この長大なアーケード街の中に、400年の歴史を誇る
 丸亀町商店街(全長470メートル)も含まれている。

 この商店街、「まちづくり」に関心のある人の間では「超有名」な存在だ。
 高松市の商店街もバブル崩壊後の地価暴落や、
 大型ショッピングセンターの出店攻勢で、
 一時は火が消えたように寂れてしまった。
 いわゆる「シャッター通り」と化したのだ。
 かつて、丸亀町商店街では1200人が商売をしながら
 暮らしていたのだが、気がつけば、75人に減っていた。
 しかも、残ったのは全員お年寄り。

 そこから丸亀町商店街独特の再生が始まった。

 私が暮らす長野県の市町村も、過疎の波に洗われて久しい。
 少子高齢化は急加速していて、地域の医療を守るには
 医療者の確保や施設の整備にとどまらず、
 「まちづくり」自体を見直さなくてはならない段階に至っている。
 「医」は「職」や「住」「学」と密接に関連する。
 そこで今回、丸亀町商店街再生のキーパーソン、同商店街振興組合理事長の
 古川康造さんにお目にかかるため、高松へ向かった。

 古川さんは開口一番、「土地問題の解決がすべての鍵を握っている」と語った。

著者プロフィール

色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院 地域医療部 地域ケア科医長)●いろひら てつろう氏。東大理科1類を中退し世界を放浪後、京大医学部入学。1998年から2008年まで南相木村国保直営診療所長。08年から現職。

連載の紹介

色平哲郎の「医のふるさと」
今の医療はどこかおかしい。そもそも医療とは何か? 医者とは何? 世界を放浪後、故若月俊一氏に憧れ佐久総合病院の門を叩き、地域医療を実践する異色の医者が、信州の奥山から「医の原点」を問いかけます。

この記事を読んでいる人におすすめ