日経メディカルのロゴ画像

追悼 辻本好子さん

2011/06/30

 NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)の
 理事長・辻本好子さんが、先日、胃癌で亡くなった。
 享年62。もっと、もっと、生きて、活躍してほしかった。

 辻本さんは、「賢い患者になりましょう」を合言葉に、
 医療を消費者視点でとらえる活動を始めたパイオニアだ。
 子育て中に市民グループのボランティアとして患者の悩み相談を
 受けたのをきっかけに、1990年にコムルを創設した。
 不安を抱える患者や家族を支えるために常設の電話相談を始め、
 医師たちとどう接したらいいかを一緒に考えた。
 「患者は医療の消費者。お任せにせず、自分で判断しよう」と呼びかけ、
 医療の在り方や治療法を学ぶ「患者塾」、
 患者の目で医療機関を評価する「病院探検隊」などの活動を展開した。

 私にとっては、大阪の頼もしいアネゴだった。
 ある飲み屋さんの壁に、彼女と私のツーショット写真が掛けてある。
 なぜ、そうなったのか・・・酔っぱらっていてよく覚えていないのだが、
 十数年前に亡くなられた阪大名誉教授の中川米造先生の話をした記憶がある。
 阪大、滋賀医大を拠点に中川教授は、
 医療と社会、教育、哲学など幅広い領域で発信された。
 このとき、彼女から聞いたエピソードがある。
 中川教授は亡くなる直前に、「医療はほどほどのものと思え」
 「患者こそ医療の主人公」という言葉を
 改めて彼女に伝え直したのだという。
 中川教授は、彼女に後を託したのだろう。

 実は、盃を重ねていたとき既に、彼女は病魔に侵されていた。
 「癌治療の後、私、回復にとっても時間がかかったのよ。
 だからこそ、患者の立場から先生のご遺志をしっかり受け止めて、
 周囲に伝える努力をしたい」と彼女は言い切った。
 その声は、酩酊していた私の耳の奥にもしっかり残った。

 ここでいくつか、辻本語録を引いてみたい。

著者プロフィール

色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院 地域医療部 地域ケア科医長)●いろひら てつろう氏。東大理科1類を中退し世界を放浪後、京大医学部入学。1998年から2008年まで南相木村国保直営診療所長。08年から現職。

連載の紹介

色平哲郎の「医のふるさと」
今の医療はどこかおかしい。そもそも医療とは何か? 医者とは何? 世界を放浪後、故若月俊一氏に憧れ佐久総合病院の門を叩き、地域医療を実践する異色の医者が、信州の奥山から「医の原点」を問いかけます。

この記事を読んでいる人におすすめ