日経メディカルのロゴ画像

「地域医療という言葉を使って、妙に納得するな」

2009/01/01

 私の恩師、清水茂文先生が2008年春、
 JA長野厚生連佐久総合病院を定年退職された。

 清水先生は1970年、佐久病院に研修医として入った。
 当時は、熱い政治の季節だった。

 いわゆる「地下水事件」で、若月俊一院長と対立し、
 いったん佐久病院を辞めた。

 清里聖路加病院に9年勤務した後、思うところあって佐久病院に再就職。
 以来、南牧村診療所や小海診療所で地域医療の「第一線」に立ち、
 その後、佐久病院の院長を務めた。

 7年前に脳梗塞で倒れたが、健康を回復し、現役最後の日まで訪問診療に
 走り回っておられた。

 その清水先生の退職記念講演は、じつに味わい深い。
 関心のある方は、佐久総合病院ニュースのホームページ
 アクセスしていただければ、全文が読めるようになっている。

 40年近くにわたり地域医療に携わった先生の言葉は、示唆に富んでいるが、
 11人の研修医が「地下水」というグループを作って、

「きちんとした研修を受けたい、それゆえ更なる労働強化につながる
 八千穂村全村健康管理活動への参加はボイコットする」

 と反旗をひるがえし、佐久病院を去るくだりは思わず引き込まれる。

 以下、清水先生の講演から引用する。

著者プロフィール

色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院 地域医療部 地域ケア科医長)●いろひら てつろう氏。東大理科1類を中退し世界を放浪後、京大医学部入学。1998年から2008年まで南相木村国保直営診療所長。08年から現職。

連載の紹介

色平哲郎の「医のふるさと」
今の医療はどこかおかしい。そもそも医療とは何か? 医者とは何? 世界を放浪後、故若月俊一氏に憧れ佐久総合病院の門を叩き、地域医療を実践する異色の医者が、信州の奥山から「医の原点」を問いかけます。

この記事を読んでいる人におすすめ