日経メディカルのロゴ画像

協同組合と医療

2008/03/10

 私は農協職員である。

 十数年来、長野県厚生農業協同組合連合会(厚生連)傘下の
 佐久総合病院(長野県佐久市、夏川周介院長)に勤務している。

 わが厚生連病院の存在が、一般にあまり知られていない現状は残念なことである。
 冗談でなく、「厚生連」なんだから「厚生省の病院」なんでしょうね、
 との言葉が返ってきたことがあった。

 農村と医療の結び付きは、農協の前身「産業組合」の設立にまでさかのぼる。
 産業組合が法的に認められたのは明治33年(1900年)。
 信用事業、購買事業、販売事業など、互助つまり「おたがいさま」の精神で、
 生産支援と農村の生活向上をめざすべく設立された。

 産業組合は、当初、地主や官吏を中心に上から組織されていたが、
 いわゆる大正デモクラシーの下、農民自身が担い手となっていく。
 そして事業の中に、利用事業、つまり医療(後の厚生事業)をとりこむ。

 その草分けとなったのが大正8年(1919年)に
 島根県鹿足郡青原村で組織された組合だった。

「協同組合を中心とする 日本農民医療運動史」(全国厚生連刊)に
 設立動機が記されている。

「青原村は交通上の要駅なるも医師を欠くこと多年なり、
 元村内添谷部落に開業医ありしも十数年前に病没せり。
(略)村内有志のあっせんにより医師を招きて定住せしめしも経営意のごとくならず。
(略)医事事業を組合において経営するは本村の現状に鑑みて適切なるのみならず、
 組合精神を喚起する上にも効果あるべきを信じ…」
 
 無医村、医師不足への切々たる思いがつづられている。

 昭和に入り、大商社・鈴木商店の倒産に端を発した金融恐慌が農村を直撃する。
 娘の身売り、欠食児童、一家離散といった惨劇がくり広げられた。

 人々の暮らしが窮するほどに、互いに支え合う協同組合方式の医療は全国に広がる。
 そして単営の医療利用組合、いわゆる「組合病院」が都市部でも創設された。

 その一つがキリスト教社会運動家の賀川豊彦が主唱し、
 昭和6年(1931年)に設立された「東京医療利用組合」である。
 組合長には、農学者、教育学者で国際連盟事務次長を務めた新渡戸稲造博士が就任し、
 感激的な挨拶を行っている。

著者プロフィール

色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院 地域医療部 地域ケア科医長)●いろひら てつろう氏。東大理科1類を中退し世界を放浪後、京大医学部入学。1998年から2008年まで南相木村国保直営診療所長。08年から現職。

連載の紹介

色平哲郎の「医のふるさと」
今の医療はどこかおかしい。そもそも医療とは何か? 医者とは何? 世界を放浪後、故若月俊一氏に憧れ佐久総合病院の門を叩き、地域医療を実践する異色の医者が、信州の奥山から「医の原点」を問いかけます。

この記事を読んでいる人におすすめ