日経メディカルのロゴ画像

「10万円給付」で思い出すある患者さん家族

2022/02/17

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に対する経済対策として、18歳以下の子どもを対象に1人当たり10万円が給付されることになった。扶養親族が児童2人と年収103万円以下の配偶者の場合、年収960万円未満が支給対象の目安だ。当初クーポン券での給付が有力だったが、各自治体の判断で「現金とクーポン」「現金2回」「現金一括」のいずれかを選択できることになった。事務経費や手間などを考慮すると、現金での一括給付が妥当なのだろう。

連載の紹介

はりきり院長夫人の“七転び八起き”
開業24年目の無床診療所で、院長である夫を支える。持ち前のバイタリティーと患者目線のきめ細かな気配りで、医院の活性化に日々努めている。(このブログは、医療と介護の経営情報誌「日経ヘルスケア」で連載されている同名の人気コラムの転載です)

この記事を読んでいる人におすすめ