日経メディカルのロゴ画像

コロナ助成金で過熱する感染防止商品のセールス

2020/11/05

 「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」に基づき、医療機関で患者と接する医療従事者や職員に払われる慰労金の申請が行われている。当院も対象で、1人5万円の慰労金を申請した。ところが手続きがかなり面倒で、何百人ものスタッフを抱える病院などはさらに大変なのではないかと感じている。

 一方、帰国者・接触者外来の指定医療機関に勤める私の子どもに聞くと「そんなの知らない。病院が申請してくれるの?」との返事。「勤務先に確認して、ちゃんと受け取りなさい!」と何度も言う私に嫌気が差したか、最近はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のLINEで連絡しても既読スルーになる……。

 それにしても、助成金を頂くための「申請」は本当に面倒。雇用調整助成金については、自分で申請しようとしたが早々に諦め、社会保険労務士にお願いした。

連載の紹介

はりきり院長夫人の“七転び八起き”
開業21年目の無床診療所で、院長である夫を支える。持ち前のバイタリティーと患者目線のきめ細かな気配りで、医院の活性化に日々努めている。(このブログは、医療と介護の経営情報誌「日経ヘルスケア」で連載されている同名の人気コラムの転載です)

この記事を読んでいる人におすすめ