先日、コミュニケーション手法としての「受容」(相手のことを肯定も否定もせずに受け入れること)について学ぶ2日間のセミナーに参加した。過去にも参加したことのあるセミナーだが、今回はどうも腑に落ちない思いを抱えたまま終了した。セミナーでは様々な事例が示されたが、具体的にその出来事をどう捉え、どう行動したらいいのかについての解説がなかったのだ。事例も、過去のセミナーの使い回しのような内容だった。

「勘違い」院長夫人にならないためにの画像

ログインして全文を読む